使いこなせていない「あの色」や、いつも同じ使い方をしてしまうアイテムを活性化させるため、膨大なコスメの中から相性のいいセットを研究。組み合わせる意義も目新しさもある、納得のいくパターンを用意して、なんとなく済ませがちなメイクをより良く新しく。


☑イエロー系を土台にすれば甘さも和らぐ
【イエローチークの上にピンクチーク】

チークの選択肢が豊富な今春、2色を欲張ってほおを主役に。旬度の高いイエローと少女のようなかわいげのピンク。ラフにかけ合わせたら、エッジも甘さも和らいでどちらの色にも親しみが。

カットソー 16,500円/トラディショナル ウェザーウェア(メゾン イエナ) ピアス 59,400円/ルフェール(ワームス ルミネ新宿店)

【COSMETIC】
A.ザ ブラッシュ マット Sahara Sun 3,300円/アディクション ビューティ B.プリティ パワフル ポット ルージュ プリティパワフルI (4月8日限定発売) 4,730円/ボビイ ブラウン C.ディグニファイド リップス 34 3,520円/セルヴォーク

【HOW TO】
ほお骨の下、横長に色がのるようにAをひとはけ。ほお骨の高いところにBを塗布し、指でならしながら丸く広げる。イエローと重なる部分はオレンジに発色し、ヘルシーな顔つきに。イエローチークから連想したベージュリップCを薄く塗る。


≫マスカラつけずに目力アップ:そのポイントは「下まぶた」も見る