特別感のあるトップスを日常になじませるなら、カジュアルなパンツとセットで考えるのが簡単。ささやかな装飾、かわいい色、ドレスライクな質感など、ちょっとした甘さもクールに仕上げる理想の甘辛バランスが成り立つ上下関係をご紹介。



≫【全12選】ワークパンツやスエットのコーディネートをもっと見る




☑「甘い白」とラフなパンツのベストな関係

サテン地やカットワークなど、LADYな白ブラウスを大人びた甘さに落ち着かせるのは、それと相反する端正なメンズ的パンツ。小物も含めたキレイめな装いにパンツで1点、ラフなテイストをミックスするのが好バランス。


【CHINO PANTS】
スマートなチノになじむ小ぶりなギャザーブラウス

スマートな白&ベージュに微量のギャザーで抑揚づけ

首元とすそにあしらった細かいギャザーで、短め丈のブラウスに立体感をメイク。細身のチノパンとコンパクトにまとめても、凹凸感のあるデザインで単調に見えない。 白ギャザートップス 19,800円/SEEALL(プラージュ 代官山店) チノパン 35,200円/イレーヴ ゴールドピアス 4,840円/TODAYFUL(Life‘s 代官山店) バッグ 121,000円/ザンケッティ(ガリャルダガランテ 表参道店) 白ショートブーツ 28,600円/SENSO(THE WALL SHOWROOM)



【JOGGER PANTS】
デコラティブな装飾はモノトーンの中で

ジョガーパンツで大きなフリルを日常へ落とし込み

フリルブラウスのボリュームとつり合う、ゆるめのジョガーパンツを選択。白と黒の冷静な配色なら、ちょっと派手なデザインも落ち着く。フロントにボタンをほどこしたシャツタイプの形で、辛口なパンツともまとまりやすい。 白カットワークブラウス 19,000円/N.O.R.C 黒パンツ 23,100円/アストラット(アストラット 新宿店) 黒バッグ 11,000円/HELOYSE(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 黒パンプス 15,400円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)