特別感のあるトップスを日常になじませるなら、カジュアルなパンツとセットで考えるのが簡単。ささやかな装飾、かわいい色、ドレスライクな質感など、おめかししたい日のちょっとした甘さもクールに仕上げる、理想の甘辛バランスが成り立つ上下関係、またそんな組み合わせのポイントとなる足元コーディネートもあわせてご提案。



≫【4選】コーディネートとアイテムのプライスを一覧で見る



001
単純なワンツーを質感でドレスアップ
【肌感トップスと正反対の無骨なパンツ】

胸元の開いた肌感とベロア素材のリッチな風合いは黒でいっそう大人っぽく。

落ち感のあるミリタリーパンツでベロアトップスを着くずし。タックINしてももたつきにくい、ボディスーツをチョイス。

【ストラップがアクセがわりに】
ホールド感と飾り気を兼ねる、細身のストラップサンダルは、カジュアルなパンツをドレスアップしたい日にもぴったり。



002
ラクして映える上下セット
【編み目を飾りにニットとスエット】

柄のように見えるクロシェ編みのニットは、スエットパンツと心地よさを追求しても手抜きに見えない。ラフな素材で完結するときは、オフ白や薄いグレーなど、白っぽい配色に仕上げるとスマートなまま。

半そでとスリムなパンツ。ミニマルなシルエットで都会的に。


【ソックスありきで新色パンプス】
くすんだ色のソックスを挟むことで、カラーパンプスで飾り気を加えても力んで見えない。スエットパンツに深みも出せるグレーが適任。



003
チノパンありきでかわいい色を新調
【メンズライクにピンクを着る】

華やぐ色を身近に寄せるなら、甘さをおさえつつやわらかさも維持できるチノパンと。ややルーズなカットソーなど、映える色自体もメンズっぽくとり込めば、多少盛っても派手に転ばない。

ピンクは薄く・ベージュは濃く。甘めな配色ほど濃淡をつけて深みを。コクのあるベージュとなじませるように、やや濃度のあるピンクを足し算。

【見え隠れする前提で鋭利な形】
フルレングスのパンツには、先細トゥ&細ヒールのパンプスでキレを加算。ちらりとのぞく鋭いシルエットが、大人の女っぽさも演出。



004
モノトーンの中で柄をミックス
【ワークパンツ軸でガーリーな柄】

フェミニンなイメージに直結するカラフルな花柄は、黒ベースでビターな甘さに。ハイウエストのワークパンツ+フラットシューズで白の割合を増やすと、レトロな柄もモダンな印象に。

素材もテイストも正反対の黒と白。辛口な白のボトムラインでチアフルな柄をさっぱりと。コットンの涼しげな生地感で、黒のボリュームスリーブも軽やか。ウエストをぎゅっとしぼれる、ベルトつきのカーゴパンツだから、フラットシューズ+ラフなボトムでも美脚をねらえる。