特別感のあるトップスを日常になじませるなら、カジュアルなパンツとセットで考えるのが簡単。ささやかな装飾、かわいい色、ドレスライクな質感など、おめかししたい日のちょっとした甘さもクールに仕上げる、理想の甘辛バランスが成り立つ「レギンスがわりにもなる」イージーパンツを軸にした上下関係をご提案。


☑レギンスがわりに細身のイージーパンツをIN
足元を締めて「長くなびくトップス系」

レイヤードに向く、スリムなストレッチ・ジョガーパンツを中に仕込み、優雅に広がるシルエットをシャープに。靴に悩まずとも足元が整うため、季節の変わり目にこそ重宝したい組み合わせ。


1
コントラストのある配色でメリハリよく

総柄の黒ワンピには細い白をINしてクリーンに

黒ドット柄ティアードワンピース 13,200円/ジャーナル スタンダード レリューム(ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店) アイボリーストレッチパンツ 25,300円/ロンハーマン 白リネンハット 20,900円/Masakazu Furusawa(UTS PR) パールピアス 14,300円/アユス(ザ ストア バイシー 代官山店) アイボリーサンダル 42,900円/SACRA(インターリブ)

ドットを全面にあしらったレトロなワンピースは、パンツを仕込み糖度をセーブ。フロントのボタンをはずしてスリットをつくると、白パンツのキレが増し、さらにすっきりと仕上がる。


≫【全4選】「レギンスがわりにもなる」細身イージーパンツのコーディネートをすべて見る