足元もトップスも軽くなる夏は、さまざまなスカートが映える季節。何を穿くかも、どう着るかを考えるのも楽しくなるそんなスカート、見返して参考にできるコーディネート実例集を上手な着方のポイント解説とともにご用意。着方を幅をさらに広く、よりかわいく着こなすためのこだわりはもっと深く。シンプルスタイルが見違えるスカートスタイルをまとめてお届けします。



001

【色でより華やぐコンパクト&フレアシルエット】
黒との合わせも強く見えない濃く深い色み。大人っぽい仕上がりを演出するのは渋みがかったキレイな色。色みによっては少し気恥ずかしい「かわいい」ピンクも、濃く深いオーキッドピンクで大人っぽく「キレイ」な表情に。



002

【白Tにいい流れをもたらす柔らかな素材のツヤ感スカート】
シンプルでも女っぽさを十分語れるニュアンスカラーのサテンスカート。とろみがかった潤いのある質感や、ツヤ感のあるボトムは乾いた質感のトップスと好相性。



003

【秋色ニットでカジュアル軸に変化球】
ラクでそれなりに見える白スカートには、涼しげだけど落ち着きのあるマスタードのニットキャミを相棒に。気楽な雰囲気はそのままに、色で見違えをはかって。



004

【色をそぎ落とすことで許されるタイト&ボリュームの一体化】
密着度の高いリブカーディガンとボリュームスカートを同じ黒でつなげば、ワンピースのようないでたちに。2枚=1枚のように見せたことで、ギャップのある小物づかいもより生きてくる。



≫【全32選】「どう着るかに悩まない」スカートのコーディネート図鑑をすべて見る