透けない、ぼやけない、甘くないなど、そもそもの欠点を解消した白アイテムでこれから先の着回しをシミュレーション。着方を問わずに楽しめ、よくある服に鮮度を吹き込む、ベーシックの新たな選びと使い方をリサーチ。



【CUT & SEWN CARDIGAN】
☑「厚みのない」カットソーカーディガン

トップスとしてだけでなく、ちょっとしたはおりや小物的なアクセントとしても機能する万能アイテム。やや透け感のあるやわらかい素材だから、重ねたときも膨張せずにバランスがとりやすいのが魅力。

12,100円/THE SHINZONE(Shinzone ルミネ新宿店) なじみのいい同色ボタン。



【肌感のある服を包む夏の羽織りに適任】
重ねても涼しく見える、さらっとしたカットソーのよさ。長くてゆるいそでで、オーバーオールのリラックス感を盛り上げつつ、首元は開けて女らしさを上乗せ。

着方を変えるだけで鮮度が高まる
とろみカットソーとオーバーオールのコンビ

白カーディガンは着まわし。リネンオーバーオール 41,800円/RHC(RHC ロンハーマン) 中に着たキャミソール 14,300円/UNDERSON UNDERSON ピアス 21,780円/PAZ COLLECTIVE(ZUTTOHOLIC) サンダル 11,880円/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) インナーはきゃしゃなほどスマート。



≫【全4パターン】「羽織れるロンT感覚」カットソーカーディガンの着回しをすべて見る