なりたいイメージや行く先を想像し、意図を持って服を選ぶように、何げなくつけているアクセサリーを見直し。よく着る服の「足りない要素」を補って、完成度を上げる。アクセサリーありきのスタイリングプラン。


☑白Tに淑女なニュアンスを
【光沢ベロアとパールで顔まわりのモノトーン】
プレーンな白Tの日、顏まわりはとくにあっさりしがち。こびずに親しみやすいTシャツに対し、アクセサリーは甘く、女らしく。微光沢のベロアカチューシャとパールを飾って高貴なムードに。


Tシャツ 16,500円/SEA(エスストア) 黒デニムパンツ 15,400円/ローラス(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) バッグ 71,500円/メゾン カナウ(ヤマニ) サンダル 45,100円/ジェーン スミス(ザ ファクトリー) 装いと同トーンで構成すれば、甘い装飾も悪目立ちしない。カチューシャは、黒よりカジュアルなグリーンを選択。

1.ベロアカチューシャ 18,700円/アレクサンドル ドゥ パリ(アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店) 2.パールイヤカフ 18,700円/IRIS 47(フーブス) 3.ネックレス 7,700円/Jouete


≫【全35選】知ってるだけでセンスが身につく「白Tを着る日のコーディネート」実例集も見る