ボトムの色を選ばない・違和感もない・脚を短く見せない。この3つを前提に探し求めた長くつきあえる1足。新鮮味と実用性を兼ねそなえた「稼働率の高い靴」とその着回しの幅をコーディネートで実証。※( )内の数字はヒールの高さで、単位はcmです(編集部調べ)


【SELECT TYPE】

☑「甲幅が広め」の白レザーのバーサンダル

甲をしっかりホールドしても軽く見える白のバーサンダルは、あらゆるフォルムのボトムと好相性。つっかけでカジュアルに転びがちなぶん、ほどよい高さのあるヒールで女性らしさも忘れずに。



PATTERN-1

淡色のカラーパンツと「調和させる」

白バーサンダル(3.5) 17,600円/アンヘル アラルコン(ハーモニープロダクツ オンラインストア) Tシャツワンピース 28,600円/ATON(ATON AOYAMA) パンツ 17,600円/パブリック トウキョウ(パブリック トウキョウ 神宮前店) キャップ 4,180円/ニューエラ バッグ 53,900円/レフィエ(フラッパーズ) 足元の色みにコントラストをつけず、そろえたことで黒のロングTシャツを重ねても、軽快なまま。


≫【着回し4パターンと靴7選】ヒールでも疲れない「かかとが浮かない」キレイめなつっかけをすべて見る