大きなスエットやストリート色の強いハットなど。メンズライクなカジュアルを清潔感のある白一択にすることで生まれる「ラフ・ユニーク・結果キレイ」の絶妙なバランス。「白に塗りかえてうまくいく」着眼点で、メンズライクの新境地へ。



≫コーディネートで使用したアイテム【プライスを一覧で見る】



【白のバケットハット】→カラードレスのすぎないハズし
どんな色にも染まれる白を理由に、カラードレスのアクセントとして抜擢。存在感を残しつつ、適度に力を抜けるナイロンがベター。


赤の強さを中和しつつ
ドレスダウンの役割も担う小さな白の実力

構築的なドレスに意外にもなじむ理由は、モードに転じるナイロン素材のハットだから。派手に終わらせないために、足元はニュアンスカラーが正解。



【フーディつきのプルオーバーシャツ】→シャツよりラフ・スエットよりスマート
メンズカジュアルに欠かせないシャツとスエット、さらにナイロンブルゾンの間をとったようなNEWフェイス。そんな見慣れないアイテムこそ白の品性に頼りたい。

サテンスカートにスポーティな小物。
自由な黒でモノトーンに新鮮味を

フーディならではの立体感とオーバーサイズを整えるように、なめらなかなIラインドレスを仕込み、余裕のある引き算を。