【浮かない・埋もれない色の選びと使い方】
どんなものも似合ってしまう安心感を頼りに、白Tをあらゆる手段でレベルアップ。ベーシックだけにとどまらず、カラフルな色にも目を向けてスタイリングを活性化。白と合わせても派手になりすぎず、かといってなじみすぎることもない、似合う色みとそれに応じた使い方をリサーチ。


1.DEEP GREEN
【ツヤ感と相性のいい重厚なグリーン】

Tシャツにも好相性な光沢感。
ゆれるすそも特徴のスカート見えするパンツ
白Tシャツ 12,100円/ニアー ニッポン(ニアー) グリーンパンツ 41,800円/コル ピエロ ドットコム(コル ピエロ) サングラス 41,800円/EYEVAN(アイヴァン 東京ギャラリー) バッグにつけたスカーフ 15,400円/ベイジ,(オンワード樫山) バッグ 9,130円/RANDA 黒サンダル 6,930円/AKTE 白と合わせたときにこっくりとした色でも沈まない、ライトなツヤととろみを重要視。渋さもほどよくそがれて、女性らしいエレガントな見た目に好転。



2.YELLOW
【クリームカラーの暖色】

整いやすい白T&キレイ色の羽織りセット。
白から濃度を増したようなクリーミィなイエローを
白Tシャツ 9,350円/SLOANE ライトイエローコート 15,180円/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 肩にかけたオレンジニット 49,500円/ヴィンス(コロネット) ハーフパンツ 17,600円/OperaSPORT(ショールーム ウノ) サンダル 10,780円/ル タロン グリーズ(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店) 肩掛けしたオレンジのニットはふわふわの素材なら、発色を薄めると同時にクラス感が生まれる効果も。



3.DUSTY PINK
【スミがかった甘くないピンク】

白が入るとうまくいく。
くすんだ色みをセットアップで投入

白Tシャツ 15,400円/ATON(ATON AOYAMA) ピンクジャケット 83,600円、ピンクパンツ 41,800円/ともにウィークエンド マックスマーラ(マックスマーラ ジャパン) バッグ 53,900円/MODERN WEAVING(ショールーム セッション) サンダル 18,700円/ジェーヴィエーエム(ビームス 新宿) キレイ色も着やすくなるスモーキーな色みで、セパレートでも重宝するセットアップを投入。着くずし、色の中和を担う白Tを軸にすれば、上下で着ても色だけが主張することなくリアリティのある装いに。



4.ACCENT RED
【小さめに鮮やかな赤】

小さな胸元の赤ロゴが
オールホワイトのさりげないアクセント

白ロゴTシャツ 7,150円/サンセ サンセ(ブランドニュース) 手に持った赤シャツ 38,500円/ハーヴェルスタジオ(アルアバイル) 白スカート 20,900円/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) ベージュサンダル 2,999円/H&M(H&M カスタマーサービス) 白Tに強さをもたらすエネルギッシュな赤。ロゴだけにとどめず、小物的にはおれるシャツもプラスして遊びを含ませたコーディネート。



≫【40選】ヒールはないけど「ヒール代わりの飾りがある」サンダル・パンプス・ミュールも見る