Photo: 小暮ひさのり

やがて色んなご家庭で、この子と出会えそう。

本日10月10日、アイロボットジャパンからルンバの新モデルとなる「ルンバe5」が、発表されました。最近ホットだったルンバの話題といえば、ゴミ捨てすら自分でやっちゃうおりこうで怠惰なルンバ(ルンバi7+)。はやくもコイツが上陸するのかよ!?

と自動化された未来の登場を信じてたら、i7+ではなく、別の未来を狙ったモデルが登場したのです。見た目のゴツさに反して、親しみやすさがウリな「みんなのルンバ」ですよ! なんと、お値段4万9980円(税抜)という衝撃!

ハイ・エントリーとな…?

Photo: 小暮ひさのり

なんだ、安いエントリーモデルのルンバかぁ〜。

って思っちゃだめですよ。お値段は安くても、高性能。ハイ・エントリーという、暖かい氷的な言葉遊びが楽しいモデルとなっています。ハイなのにエントリーなの?って思うかもしれませんが、そうなのです。ハイなのにエントリーなの。

わかりやすい所で言うと、e5はWi-Fi対応・スマホ対応・スマートホーム対応。この3点セット、最近では選ぶ際に重要なポイントです。コネクティビティは最新仕様で、お外からお掃除をお願い、声でお掃除をお願い、どっちもOKですよ。

既存モデルとの位置関係は?

Image: アイロボット

ルンバのラインナップは、構造はやや古めなエントリークラスな「600シリーズ」、新吸引機構やテクノロジーを採用したハイエンドな「800シリーズ」、そしてマッピング対応の最上位のフラッグシップの「900シリーズ」と3ラインで展開されていますが、この子は、ルンバの中でもハイエンドモデルの800シリーズ「ルンバ890」に置き換わるモデルです。

フラッグシップモデルである「ルンバ900シリーズ」のように、カメラで部屋をマッピングするといった機能はe5には搭載されていませんが、高速応答プロセス「iAdapt(2.0ではない)」によって、シーンごとに最適な動作で掃除します。もちろんごみセンサーもあって、ゴミを見つけたら、「この辺にゴミがあるな!」と、そのあたりを集中的やっつける攻めっ気も健在です。

水洗いOK。きれい好きな日本市場を狙った改良も

Photo: 小暮ひさのり

ルンバ890の後継機と言いましたが、完全に同じというわけではなく、リニューアルされたポイントもあります。まず、ダストボックスとモーター部が分離され、ダストボックスが水洗いできるようになりました。

僕がルンバを使っている限り、ダストボックスを水洗いしたいと思ったことはないんですが、間違って吸っちゃダメなものなどを吸い込んじゃったときとかは、洗えると確かにいいのかもしれませんね。ペットの、アレとか…。

ちなみに付属のフィルターもさらに高性能なものになり、ダニなどのアレルゲンも99%捕らえられるようですよ。

ブラシもハイエンド!

Photo: 小暮ひさのり

吸引口は引き続きラバー素材のデュアルアクションブラシを採用。髪の毛がからまらなくて最高なんですよ、このブラシ! メンテナンスが超絶楽ちんなので、この構造は天才の発想であり、ボウズ以外は絶対にこの構造のモデルを選んだほうがいいとすら思っています。ちなみに600シリーズは毛ブラシ。現行モデルからラバーブラシを選ぶには、ちょっと背伸びして800シリーズを買う必要がありました。

加えて、上部ローラー部のデザインが変更されていて、床への密着度が上がっているそうな。吸引の構造はルンバ890と同じですが、この変更によってさらによく吸うみたい。

Photo: 小暮ひさのり

オラオラオラオラァ!と2本のローラーでゴミをゴリゴリかき込むようすがデモンストレーションされていました。サンシャインと同じくらい強そう。

Photo: 小暮ひさのり

お掃除の様子を20倍速でお届け。

カメラ搭載モデルではないので、あっちこっち好き勝手に行っているように見えますが、完全にランダムウォークではなく、iAdaptによって自分で考えて、シーンに合わせた動きを選択しているようですよ。

ちゃんとゴミを取り切れてますし、隅っこのゴミの取りこぼしもないですし、やはりルンバは見ていて安定感がありますね! ちなみに連続稼働時間も約90分(ルンバ890の1.5倍)まで伸びています。

大流行のトリガーとなる可能性すらある

Photo: 小暮ひさのり

アイロボットジャパン社いわく、ルンバe5は「価格と性能においてルンバ史上最高のバランスを実現した戦略モデル」とのこと。たしかに量販店でも6万円前後したルンバ890の後継機が、公式オンラインストア価格で4万9980円(税抜)だなんて、野心的ですね!

安いモデルもたくさんあるなか、ネームバリューも評価も高いルンバがこの価格で!ということに意味があると思うんですよね。ルンバって高価ですけどその分だけ良い評価も多いので、思い切って背伸びして、えいやぁ!と気合を入れて買うもんだと思ってたんです。

今回のルンバe5ではそのイメージを打ち破ったっていうのは結構すごいことだと思うんです。

もちろん、格安ロボット掃除機に比べたらまだ高いんですけど、こちらは評価の高いルンバのハイエンドモデルの後継機。このコスパなら、これまで思い切った背伸びだったのが、軽く背伸びくらいには落ち着くんじゃないかな〜って。

やがては一家に一台という時代も…ひょっとしたら?

Photo: アイロボットジャパン

やがてくる(かもしれない)ロボット大流行時代を期待したくなる「ルンバe5」は10月26日(金)から全国の百貨店、家電量販店およびアイロボット公式ストアにて発売開始。もう一度言いますが公式ストア価格で4万9980円(税込5万3870円)です。

リアルな感想を言わせてもらうと、家電量販店やインターネットショップだと値引きもあるでしょうし、3カ月後にどんな値段で落ち着くのかが楽しみでなりません!

Source: アイロボットジャパン