Image: Giga Apple

iPhone 8とお揃いで決めたいね!

新型iPhoneこと「iPhone 8」では新色のブラッシュゴールドの登場が何度も噂されてきましたが、イベントでの同時発表が予測されている「新型Apple Watch」のカラーについてはこれまで謎に包まれていました。 しかし流出したiOS 11 GM版(ソフトウェア開発の最終バージョン)から、その新色としてブラッシュゴールド色が登場する可能性が浮上しているんです。

Image: 9to5Mac

9to5Macが発見したコードには、「Ceramic-Gray」「AlumBlushGold」と記述されています。詳細はわからないですが、セラミック素材のEditionモデルのグレーカラー、アルミニウム素材のSportモデルのブラッシュゴール、と考えてもよさそうですね。

そして気になるのが、Apple Watchの中軸となるステンレス素材の「Apple Watch」のカラーリング。9to5Macが公開している流出コードにはStainlessという記述はないのですが、「Mirror」「Black」「Yellow」「Rose」という記述が見つかります。もしかしたら、これらがApple Watchや他モデルのカラーリングに相当するのかもしれません。

新型Apple Watchではセルラーモデルに相当するLTE通信モデルが登場し、屋外でも単独でのモバイル通信が可能になるとの情報があります。これが本当ならiPhoneを持ち歩かなくても地図が見られたり、SNSやメッセージ、メールが確認できたりと、圧倒的にApple Watchの使い方が変わるはず。さらに、物理カードの交換の必要がない「eSIM」が採用されるとの情報もありますね。

Apple Watchファンの誰もが待望していたLTE通信に対応すれば「Apple Watchはようやく完成体になる」といえそうです。後は、どれくらい値段が上がるのか…気になるのはそこですよね。

Image: Giga Apple, 9to5Mac
Source: 9to5Mac
(塚本直樹)