Image: Alauda Racing via KICKSTARTER

ゲーム『F-ZERO』や『スター・ウォーズ』のポッドレースが現実に!?

オーストラリアのAlauda Aeronauticsというベンチャー企業が、大空を舞台にしたF1レース「エアースピーダー:ワールド・チャンピオンシップ」を2019年にも実現させようとKICKSTARTERで資金を募集しているんです。

動画の飛行機はまだプロトタイプですが、将来的には60年代のフォーミュラV風「エアースピーダー・マーク1」が作られる予定です。このプロジェクトには、開発に2年を費やしており、やっとKICKSTARTERで資金を集める段階にきたのです。

もしこれが実現すれば、4機の50kw無整流子モーターが各々3,000rpmで回転し、長さ1.3mの各プロペラが65キロずつの推力を生みます。それが時速200kmで砂漠の上をカっ飛んでいくワケです。

KICKSTARTERでは、ほかにもミニチュアでテスト飛行する映像や、制作中の実機の写真などもっと詳細が書かれています。出資した人の手元に残るガジェットではありませんが、次世代のモータースポーツ創出のお手伝いができたら最高なんじゃないかなと思います。



Image: designboom
Source: YouTube, KICKSTARTER via designboom, facebook, Alauda Aeronautics

(岡本玄介)