Image: Courtesy of Nicholas Pyenson


昔からこんなにデカかったわけじゃない。

世界最大の生き物であるシロナガスクジラは、12種いるヒゲクジラ(ヒゲクジラ亜目)のうちの1種。最大で体重200トンを誇る彼らは歯がなく、代わりにヒゲ板という器官で小さな甲殻類のオキアミをこしとるようにして捕食しています。その大きさが注目されるシロナガスクジラですが、新たな研究によれば、このろ過摂食と大量のオキアミが、クジラが巨大化した原因だというのです。

The Royal Society Publishingにおいて、学術誌『Proceedings of the Royal Society B』に、クジラの巨大化に関する近年の進化の原因を調査した論文が掲載されました。全米から集まった科学者のチームが、ワシントンD.C.にあるスミソニアン国立自然史博物館で63頭の絶滅したクジラの頭蓋骨の化石から情報を集めたのです。博物館によると、チームが研究したクジラの化石の中には3,000万年前のものもあったとか。研究者たちは分析によって、体長100フィート(約30メートル)ほどに届く巨大クジラが出現し始めたのは、ほんの数百万年前だということを発見したのです。

Smithsonianのニュースリリースにおいて、「クジラはまるで偶然に、ただ時間とともに徐々に大きくなっていったと思われるかもしれない」と、研究の共同著者であるグラハム・スレーター氏は語っています。「しかし、我々の分析はこの考えを支持するものではありません。我々が考える、ヒゲクジラが現在のように巨大化した説明が可能な唯一の方法は、近年に何かが変わって巨大化の動機ができ、小型であることが不利になったというものです」

研究者たちが考える動機とは、500万年足らず前、最後の氷河期になる前に氷河作用が始まり、新興の北半球の氷冠から栄養豊かな雪解け水が海に流れたために密集したオキアミの集団が生じたということ。ヒゲクジラは、おそらくこの状態に大喜びでオキアミをろ過摂食したのでしょう。研究の共同著者でスタンフォード大学のクジラ研究者ジェレミー・ゴールドボーゲンいわく、より大きなヒゲクジラのほうがたやすくオキアミを獲得できたそうです。

同氏は米Gizmodoに、「私たちの論文は、ヒゲ板さえあれば巨大に進化していくという考え方を拒絶している」と言いました。また、「それは話半分でしかない。ろ過のための構造的なマシンであるヒゲ板だけでなく、ろ過摂食を非常に効率的にするような、資源を提供する環境も必要なんだ」とも語っていました。

ヒゲクジラが現在の巨大な姿へと進化した背景には、ヒゲクジラならではの体の構造と摂食方法、そして地球環境の変化があったからのようですが、地球温暖化という環境の変化にある今、さらに巨大化するなんてことはあるのでしょうか。


・大昔、クジラには足があった…など、今じゃいろいろとありえない古代動物たち9選
・シャチがサメを食べ始めている


Image: Courtesy of Nicholas Pyenson
Source: The Royal Society Publishing, Smithsonian
Reference: Alaska Fisheries Science Center, WWF Global

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文]
(たもり)