Image: Mark Rober / YouTube


ポパン!

車のクラクション。車社会に必要なアイテムではありますが、時にうっとおしくイライラと、もしくはとても恐ろしいものに聞こえます。でも、クラクションを鳴らさねばならないときは、もちろんあるもの。ただ「てめー! こらー! 危ないだろうがよ! おい!」っていう状況ではなく、「ねぇねぇ」みたいな状況もあるわけで。前方の車が何かに気付いてなくて「ねぇ、ちょっと」くらいの気持ちで鳴らしたいときもあるわけで。それをうまいことくみ取ってくれたのがこちら。元NASAエンジニアがDIYで車のクラクションをハックしました。


Video: Mark Rober / YouTube


DIYで追加されたクラクションは3つ。まず1つめは動画冒頭にでてくる高め短めの、ポパンってな音。想定シチュエーションとしては、青になったのに気付いていない前方の車に教えてあげる。2つめは、なんとR2-D2のようなピポパポ音。駐車場などで、通りますよって周りにしらせる程度の優しいクラクション。そして、最後はホーンでこらー!ってな音です。

なんとも優しいクラクションの世界。


・爆走!チェーンソー三輪車
・ウェディングドレスにロブスター? Uberの変わった忘れ物たち


Image: Mark Rober / YouTube
Source: Mark Rober / YouTube

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文]
(そうこ)