Image: iFixit


ほぼGalaxy Note 7。

昨年の発火騒動からまさかの復活を遂げた、Samsung(サムスン)のスマートフォン「Galaxy Note Fan Edition」。公式にも「Galaxy Note 7のパーツを活用した」と案内されるこのスマートフォンですが、具体的には元モデルからどのような違いがあるのでしょう? 分解レポートでおなじみのiFixitが公開していますよ。

現時点でiFixitによって公開されているのはすべてを網羅したレポートではなく、概要です。しかし、Galaxy Note 7からの変更点は十分にわかります。


Image: iFixit


上は左側がGalaxy Note 7、右側がGalaxy Note Fan Editionのバッテリー。2つの見た目は色以外はほぼ違いはありませんが、バッテリー容量が13.48Whから12.32Whへと減少。また本体サイズも僅かに小さく、2.3gほど軽量化しているそうです。

そもそもGalaxy Note 7の発火原因のひとつにバッテリーのデザインが挙げられています。Galaxy Note Fan Editionではバッテリーを小さくし、トラブルを防ごうとしているのでしょうか?

ただしバッテリー部品を除けば、その他のパーツはほぼGalaxy Note 7の流用品。もともとGalaxy Note 7はハイエンド向けの端末ですから、わざわざ部品を変える必要はないという判断でしょう。現時点では韓国国内で販売されているGalaxy Note Fan Editionですが、次期モデルの「Galaxy Note 8」が登場した後には、ひっそりと姿を消すことになりそうです。


Image: iFixit
Source: iFixit via The Verge

(塚本直樹)