Image: © 2017 kaoringMachine All Rights Reserved. via かおりんぐマシン/kaoringMachine/YouTube


小学生が絶対に楽しいやつ。

おち○ちんドラムの発明者であらせられるメディアアーティストのかおりんぐマシンさんが、ついにその情熱と股間力をKickstarterに持ち込んでしまいました。股間ドラム改め、ウェアラブル楽器「Banggos」によるファンキーなサウンドをご覧ください。


Video: kaoringMachine公式音楽チャンネル/YouTube


ミュージックビデオを思わせるスタイリッシュなPVからはセットアップのシンプルさがうかがい知れます。Banggosに接続されているバッテリーをONにすると本体のWi-FIが起動し、タッチセンサーもしくはプッシュボタンのどちらかが作用することで音が鳴る仕組みです。サウンドはBanggos本体、BanggosのためのiOSアプリ、ミニジャックでの出力に対応。Wi-FIはアクセスポイントモードで動作し、IDとパスが同封されています。

さらにMax for LiveによるMIDI出力にも対応していて、Ableton Liveと連携すれば曲作りやライブのパフォーマンスにBanggosを組み込むことも可能。かのマイケル・ジャクソンはダンスパフォーマンスとして股間を攻めることもありましたが、音楽的スタンスからもそれが可能になるやもしれません。股間タッチでホーンSEとか。

10ドル(約1,100円)の出資でテーマソングとMVとアプリを、79ドル(約8,800円)の出資でプッシュボタンタイプのBanggosを、109ドル(約1万2000円)の出資でタッチセンサー式のBanggosが入手可能です。Abletonユーザーであればカスタマイズも楽しめるのではないでしょうか。

ウェアラビリティが叫ばれる昨今、楽器と服の融合もさもありなん。その場所がたまたま股間だったというだけなのでしょう。たまたまだけに。

・ヤマハからリコーダー×サックスのようなリード楽器「Venova」が発売。管楽器をもっとカジュアルに

Image: © 2017 kaoringMachine All Rights Reserved. via YouTube
Source: Kickstarter, YouTube

(ヤマダユウス型)