Image: ギズモード・ジャパン


私…信じていいのでしょうか…?

iPhone 8の発売時期が遅れるかもしれないという噂がある中、このタイミングで新しい噂が舞い込んできました。フランスのメディアiGenerationの情報を紹介した9to5Macによると、なんと8月の発表イベントでApple(アップル)がiPhone SEの次期モデルを発表するかもしれません! その場合期待のiPhone 8の発表イベントは10月頃に再度実施されることになるだろうとのこと。

スペックのアップデートは今回の噂では明らかとなっていませんが、次期iPhone SEは32GBで399ユーロからの価格となるようです。現行のモデルが32GBで489ユーロ(日本では税抜き4万4800円)ですから、日本で発売されることになったら値段が1万円くらい安くなるかもしれません。

ただ、新iPhone SEの生産に関する噂が今までに一度も出てきていないことを考慮しなければなりません。9to5MacもiGenerationが「新しいソース」と言ってるように、信憑性を評価するための複数の情報もないため、今回の噂だけではあまり期待はできないのです…。

iPhone SEの価格とストレージに関するマイナーアップデートは3月にあったばかりですが、もし8月に本当にiPhone SEの新モデルが発表されれば、今年2度目のアップデートとなります。4インチiPhoneには熱狂的なファンも多いので、これが事実だとすればなかなか嬉しいニュースではありますね。

とは言うものの、今回の噂はあくまで一過性のものかもしれませんので、ここはあくまで冷静に、かつ沈着に、今後の動向を見守りましょう。

2018年モデルの全iPhoneに量産遅れの報道。iPhone 8はかなりずれ込むかも?

Image: ギズモード・ジャパン
Source: iGeneration, 9to5Mac

(Doga)