Photo: キュアコグレ


絵文字でエモさを。

みなさん絵文字ってどのくらい使っています? 日常会話のメッセージにさり気なく混ぜるという人も居れば、文末にすこし添える程度という人も居ます。または、ほぼ絵文字(やスタンプ)だけで会話するといったエモジマスターも居ることでしょう。

絵文字には、文章だけでは伝えきれない気分や雰囲気を伝えられるという効果がありますが、文章の内容そのものを柔らかくするといった効果も存在します。その文章のイメージを変えるという点に注目してみましょう。

たとえば前回放送されたキラキラ☆プリキュアアラモードの第23話「翔べ!虹色ペガサス、キュアパルフェ!」。追加戦士誕生という中盤の山場を迎えたあらすじの一部は、以下のようなものとなります。


希望を取り戻し、キラキラルでスイーツを作っていくシエル。出来上がったペガサスパフェは、シエルを新たなプリキュア『キュアパルフェ』へと変身させました。さらにジュリオの持っていたロッドが、パルフェの持つアイテムのレインボーリボンに変わります。そして、パルフェはビブリーと合体したイルを『キラクル・レインボー』で退けるのでした。(引用:東映アニメーション キラキラ☆プリキュアアラモード「各話あらすじ」より)


あらすじなので、淡々と語る文章。確かに伝わりやすいのですが、やや冷静なイメージでせっかく中盤の山場という盛り上がりが失われているようにも思えます。では、これを「絵文字」を交えて変換するとどうなるのでしょうか。淡々と説明を綴るあらすじが、ポップで柔らかい文章になるとしたら……? ちびっ子にとっては嬉しいかも?

しかし普段絵文字の利用率が0%な37歳男子としては、この文章のどこをどうやって絵文字にすればよいのかがサッパリわかりません。そこで、テクノロジーの力を利用します。iOS10の機能のひとつである、絵文字の予測変換機能です。


Screenshot: キュアコグレ


iOS10の「メッセージ」アプリの送信ボックスにメッセージを入力。文字入力が完了(コピペでもOKです)したらキーボード変更ボタンをタップして、絵文字キーボドを表示しましょう。

すると文章が自動的に解析され、絵文字に置き換えることができる文字も自動的にリストアップ。タップで絵文字に変更できるのです。SiriやmacOS標準のIMEなど、文脈から内容を理解したり提示するといった高度な文章解析技術を持つAppleらしいアプローチですね。


Screenshot: キュアコグレ


できあがった絵文字入りの(たぶん)エモいあらすじがこちら。

さすがにプリキュアのあらすじは固有名詞多めなので、思っていたよりも絵文字乱舞にはなりませんでしたね。果たしてこの文章で内容が伝わるか伝わらないかは一旦置いておくとして、確かに今風にはなっていますし、イメージ的には柔らかくなりました。

この絵文字の自動候補は当時のAppleの発表会を思い出すとiOS10の目玉機能の1つであったような気がするので、文章に柔らかさやエモさを加えたいという方は、普段からぜひ絵文字変換を使いましょう。

なお余談ですが……、


Screenshot: キュアコグレ


LINEで入力するとさらにエモくなります。

iOSのように入力後に文脈を解析しての自動候補リストアップは行なってくれませんが、対応する絵文字のレパートリーはこちらのほうが完全に上。特に、「を」とか「て」といった日本語1文字にすら絵文字が用意されているあたりがギガエモス。


Image: キュアコグレ
Source: キラキラ☆プリキュアアラモード

(キュアコグレ)