Image: Razer


的確なエイミングと、素早く正確なシュートのために。

PCを使う上で、いつもお世話になっておりますマウス様。ビジネスワークにおいては通常の2ボタンとホイールと進む/戻るのボタンがあればいいと思っている派で、それ以上のスペックに目を向けたことはほとんどありませんでした。

知らなくてすみません。貴方がそんなにも、先鋭化した存在になっているとは。


Image: Razer


こちらは7月28日に国内発売された、Razer(レーザー)のゲーミングマウス「Lancehead」。フェイスがマッシブなエキゾチックカーっぽくて、まさにゲーミングマウスだなー、と眺めていたのですが、スペックリストを見てギョッとして。

まずトラッキング解像度が16,000DPI。ってことは、1インチ(2.54センチ)動かしたらマウスカーソルが16,000ドットぶん動くってこと? ビンカンすぎやしませんか? ちなみにこの「16,000 DPI 5G レーザーセンサー」はRazer製品のなかでも最高スペック、このほかにもMAMBAシリーズが同じ性能を持ちます。

またオムロン製のスイッチをつかったクリックボタンの耐久性もすさまじい。5,000万回ものクリックをサポートですって。ビジネス用途であれば、10年以上かけないと達成できないスコアではないかと。

そして2.4GHz帯を使ったワイヤレスマウスというところにも注目です。2.4GHzというと、BluetoothやWi-Fiなどの電波もありワイヤレスマウスのレスポンスにも影響しやすいのですが、同機は混信を避けるAdaptive Frequency Technologyを搭載。遅延を極限まで抑えることに成功しているんだそうです。


Image: Razer


イルミネーションを1680万色から選べるという、これまたゲーミングマウス定番の機能も備えていますね。キーボードのイルミネーションと同期させることも可能だし、対応ゲームだとゲームのシーンとLEDの光がシンクロするみたい。盛りだくさんだなあ。

LanceheadはRazerのなかでも最高モデルにあたるワイヤレスゲーミングマウス。手首のわずかな動きにも反応する、タフで正確なマウスが欲しい方にとっては注目すべき存在かも。価格は16,800円(税別)です。


Image: Razer
Source: Razer

(武者良太)