Image: Various-Everythings / Shutterstock.com


これ、結構役立ちそうな予感です。

日々進化を遂げるiOS。今年2017年の秋にはメジャーアップデートとなる「iOS 11」がリリースされます。iOS 11のベータ版はすでに開発者向けに配布されており、その最新版で「貧弱なWi-Fiへのログインは自動でオフに」なることが判明しました。


New in iOS 11: It learns to stop connecting you to crappy WiFi! (like Whole Foods, Starbucks, airport, etc) pic.twitter.com/vz089HWvGW

— Ryan Jones (@rjonesy) 2017年7月16日


たとえば、商店街や駅前などの「貧弱なWi-Fiホットスポットが点在する場所」にいても、変なWi-Fiにつながってイライラする必要がなくなるんですね。こりゃ便利そう!

これまでのiOSでは、一度接続したWi-Fiネットワークの範囲に入ると、自動で接続するように設計されていました。2017年6月にリリースされたiOS 11のベータ版では、「i」ボタンを押したときに表示されるWi-Fiの個別設定で、「自動ログインのオン/オフ」が設定できるように。

なお、このような機能は実はSamsung(サムスン)のGalaxyシリーズにも以前から搭載されていたそうです。やりますな、Samsung。


Image: Various-Everythings / Shutterstock.com
Source: Twitter via The Verge

(塚本直樹)