Image: ©2017 Advanced Micro Devices, Inc via AMD


ゲームもVRもやりまくり!

今年のWWDCで発表された、驚異の一体型PCこと「iMac Pro」。その内部には未発表の強力なGPU「Vega」が搭載されると発表されていたのですが、いやはやお待たせしました!

AMDは7月31日、新グラフィックスカードの「Radeon RX Vega 64」と「Radeon RX Vega 56」、それに水冷モデルの「Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Edition」を正式発表しました。製品価格はRadeon RX Vega 64が499ドル(約5万5000円)、Radeon RX Vega 56が399ドル(約4万4000円)で、発売日は2017年8月14日となっています。

Radeon RX Vegaは「Vega10」アーキテクチャを採用した最新GPUで、56〜64基のコンピュートユニットを搭載。処理能力はRadeon RX Vega 64 Liquid Cooled Editionが13.7TFLOPS、Radeon RX Vega 64が12.7TFLOPS、Radeon RX Vega 56は10.5TFLOPSに達します。メモリ容量は全て8GBです。

さらに、液晶モニタやRyzenプロセッサ、マザーボードの割引、地域限定でゲームソフトが同梱された「Radeon Pack」も登場。同パッケージでは、Radeon RX Vega 64 Liquid Cooled Editionモデルが699ドル(約7万7000円)、Radeon RX Vega 64モデルは599ドル(約6万6000円)、Radeon RX Vega 56モデルは499ドル(約5万5000円)で販売されます。


最強プロセッサも投入へ


Image: ©2017 Advanced Micro Devices, Inc via AMD


さらに投入されるのはGPUだけではありません。デスクトップ向けハイエンドCPUの「Ryzen Threadripper 1950X」、「Ryzen Threadripper 1920X」も8月4日から日本市場に投入されます。

Ryzen Threadripper 1950Xは16コア・32スレッドでベースクロックが3.4GHz、ブーストクロックが4.0GHz。Ryzen Threadripper 1920Xは12コア・24スレッドでベースクロックが3.5GHz、ブーストクロックが4.0GHz。なにやら、Ryzen Threadripper 1950Xはインテルの「Core i9」プロセッサを上回る性能を達成しているんだとか…。こちら、日本価格はRyzen Threadripper 1950Xが14万5800円(税別)、Ryzen Threadripper 1920Xが11万5800円(税別)となっています。

・結局、どの選択肢がいいの? 「4Kゲーム」の知っておくべきことすべて

Image: ©2017 Advanced Micro Devices, Inc via AMD
Source: AMD, apple insider

(塚本直樹)