Image: エスキュービズム


薄さにステータス全振り。

株式会社エスキュービズムは厚さ3.2cmという、超薄型のロボット掃除機を発表しました。アレもこれもという高性能さよりも、コンパクト&省スペース重視。ロボット掃除機が苦手としている家具の下などのスキマに対応できるモデルですね。


Image: エスキュービズム(プレスリリース)


稼働時間は約1.5時間で、動作音は60db、落下防止センサーも搭載されています。また、薄さを活かした掃除モードとして「家具下重点モード」というモードも搭載されていますよ。ただ、コストダウンの結果かホームベースへの自動帰還機能は非搭載なので、広いリビングを頼むよりも、一人暮らしワンルームやベットルームといった部屋単位でお願いする形がベターかも?

カラーラインナップは「パールホワイト / シャンパンゴールド」、「ガンメタリック / ブルーメタリック」、「シルバーメタリック / ガンメタリック」の3種類で、価格は14,800円(税抜)。2017年 8月中には発売される予定です。

薄さを武器に、既存ロボット掃除機たちのスキマを見事狙えるでしょうか。その実力を試してみたい機種です。

・窓掃除はロボット化できるんです。窓に吸い付く家庭用お掃除ロボが登場

Image: エスキュービズム
Source: エスキュービズム

(小暮ひさのり)