Image: MacRumors


むむ、Touch IDの内蔵はやはりだめだったのか…。

Apple(アップル)のスマートスピーカー・HomePodのファームウェアの解析により、赤外線による3D顔認証機能「Pearl」の存在が判明した「iPhone 8」。ファームウェアの解析はさらに進み、iPhone 8の新インターフェイスや新機能の存在、さらには指紋認証機能「Touch ID」が画面に内蔵されないかも…といった可能性が浮かびあがりました。

MacRumorsが紹介している、ゲーム・アプリ開発者のSteven Troughton-Smithの解析結果によると、iPhone 8では「分割(スプリット)ステータスバー」が導入される模様です。トップ画像のように、iPhone 8は本体上部にカメラやセンサーを搭載するため、ディスプレイに「へこみ」があると予想されており、電波の強さやWi-Fi情報、バッテリー情報はこの切り欠きの両脇に分割されて表示されそうです。また、その表示機能も強化されるだろうと予測されています。

なお、Forbesが以前掲載したiPhone 8のレンダリング画像では、カメラやスピーカーの部分と今回の分割ステータスバーの色が揃えられ、従来のiPhoneから乗り換えても違和感のないインターフェイスに仕上がっていました。たとえステータスバーが分割されても、よりカッコイイ路線に進化してくれるのなら大歓迎です。


It looks like the new iPhones might support 'tap to wake', much like Windows Phones/Lumias

— Steve T-S (@stroughtonsmith) 2017年8月1日


また、「タップでオン(tap to wake)」という機能もSteven Troughton-Smithは見つけています。これはWindows Phoneにも実装されていた、ダブルタップすることで画面をオンにする機能。もし、iPhone 8から物理ホームボタンがなくなるとすれば、机の上においたiPhone 8はこの操作で利用を開始することになりそうです。


The virtual home button seems to just be called the 'home indicator' — looks like the OS has no qualms about hiding it in certain contexts

— Steve T-S (@stroughtonsmith) 2017年8月1日


アプリを全画面化することで、仮想ホームボタン「Home Indicator(ホーム・インディケーター)」を隠すようなインターフェイスも組み込まれているようです。Steven Troughton-Smithは、このインターフェースのイメージ画像もアップしていました。


Fun fact: 1125x2436 is one of few resolutions the iOS Simulator accepts for an iPhone. But do NOT expect the OS to actually look like this pic.twitter.com/5TifcUnTpv

— Steve T-S (@stroughtonsmith) 2017年8月2日


今回の解析では「画面下にTouch IDが搭載される証拠は見つからなかった」そうです。このことから、Steven Troughton-Smithは「Touch IDの画面内蔵は今年2017年には起きないだろう」と予測しています。うーん、個人的にも楽しみにしていたTouch IDですが、やはりダメでしたか…。

ほかにARKitや写真アプリが、フロントカメラや深度センサーと共同して機能する「ARFaceAnchor」も見つかっています。

iPhone 8は新機能がこれでもかと盛り込まれたスマートフォンになりそうですね(Touch IDは内蔵されませんが…)。開発者さんにとってはできることが増えるものの、アプリの開発が面倒にならないか…なんて、心配していしまいます。


Image: MacRumors
Source: MacRumors, Twitter

(塚本直樹)