Image: (c) Netflix. All Rights Reserved.


狂気をしらずに狂人に勝てるか?

FBIエージェントがサイコパスの心理状態をプロファイリングし、連続殺人鬼(シリアルキラー)の未解決事件に迫ろうとする、デヴィッド・フィンチャー監督によるドラマ 『マインドハンター』がNetflixで配信されます。

原作は元FBI捜査官ジョン・ダグラスの経験から書かれたノンフィクション『FBIマインド・ハンター―セックス殺人捜査の現場から』で、フィンチャー監督によるドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』に続くNetflixオリジナルシリーズとなっています。


Video: Netflix Japan/YouTube


前回のティーザー予告編に続き、こちらもNetflix Japanの動画でした。

精神異常者たちは自分を普通の人間だと思っているため、FBIの言う「最高の実験場所」にてかれらを調査することになるフォード捜査官(演:ジョナサン・グロフ)。まだ若い彼が、サイコパスたちとどのようなやり取りをし、いかに 犯罪者プロファイリング手法を編み出すのかが見ものですね。

映像内では、そのフォード捜査官が“連続殺人犯(シリアルキラー)”について「新しい用語だ」と話しています。じつはこの用語、実社会で世界を震撼させたテッド・バンディ捜査時に、元FBI捜査官のロバート・K・レスラーによって提唱された造語なのです。ちなみに小説『羊たちの沈黙』はレスラーの協力で執筆され、ダグラスは主人公クラリスの上司クロフォードのモデルとなっています。

これまでにも連続猟奇殺人事件を扱った、サイコ・サスペンス映画『セブン』を手がけたフィンチャー監督。彼の暗くて冷たいトーンが、70年代に起こったシリアルキラー犯罪をどう描くのか? 期待が高まります。

ドラマ『マインド・ハンター』は2017年10月13日よりNetflixにて全世界同時配信。

・Netflixアニメ『DEVILMAN crybaby』予告編がついに登場! 湯浅政明監督が描く、狂気の世界

Image: (c) Netflix. All Rights Reserved.
Source: YouTube
Reference: Wikipedia

(岡本玄介)