Image: Guilherme Rambo / Twitter


どこで使われるのかな?

スマートスピーカー「HomePod」のファームウェアからそのアイコンが流出したりと、ここのところ一気にその詳細まで判明しつつある「iPhone 8」。そして今回インターネット上に流出したのは、そのiPhone 8のアイコンがアニメーションする…というものです。これは一体、何に使われるのかな?


For the curious ones out there: this is the animation where that D22 glyph is used pic.twitter.com/02KuEU974D

— Guilherme Rambo (@_inside) 2017年8月6日


今回のアニメーションを投稿したのは、iOS開発者のGuilherme Ramboさん。ぐぐっとiPhoneがせり上がってくるアニメーションが、なんとも新鮮です。また、「D22」というのはiPhone 8に相当する開発コードのことです。


it seems the one for pay pic.twitter.com/m2Z0em0kdG

— Robbie (@Bonci88) 2017年8月6日


さてこのアニメーションが何に相当するのかがとても疑問ですね。ツイートのタイムラインを見ていくと「これはApple Payで使われるアニメーションじゃないの? 」という指摘があります。確かに上のツイートを見ると、Apple Pay画面のクレジットカードの下に同じデザインのiPhoneアイコンが存在していますね。

iPhone 8では同じくHomePodから流出した情報により、赤外線による3D顔認証機能「Face ID」の搭載が予測されています。さらに発見されたコードから、この3D顔認証機能がApple Payに対応する可能性が浮上しているんです。自分の顔で生体認証をし、買い物をするのは最初は戸惑いそうです…。でも、今回流出した「iPhoneを顔に向けてくれ! 」と言わんばかりのアニメーションをみると、さもありなんという気がしてきます。

また以前より、iPhone 8はベゼルがほとんどない全画面ディスプレイを搭載し、ディスプレイ上部にはスピーカーや前面カメラ、センサー部分の切り欠きが存在することが噂されていました。そして今回流出したアニメーションにも、同じような切り欠きがありますね。もう数カ月したら、こんなカッコイイiPhone 8を顔にかざして、買い物をするようになるのかなぁ!

Image: Guilherme Rambo(Twitter)
Source: Guilherme Rambo(Twitter)

(塚本直樹)