Image: MicrowaveSam / YouTube


ブルーアイズアルティメットドラゴンも登場!

マイクロソフトのHoloLensで見るMR(ミックスド・リアリティー)は、現実世界とARの映像を自然にミックスさせるのが特徴です。トレーディング・カードからモンスターたちが飛び出し、大迫力のバーチャル・バトルが繰り広げられるマンガ/アニメ『遊☆戯☆王』ほどMRに向いたコンテンツは他に類を見ないためか、以前にも開発をしている人たちがいることをお伝えしましたよね。

今回はまた別のディベロッパーが、かなり実践レベルまで仕上げている動画をお楽しみください。ではデュエリストたちによる、真昼の決闘をどうぞ。


Video: MicrowaveSam / YouTube


この「デュエル・ゲイザー」では、攻撃用や防御用などいくつかの召喚が選べ、原作のようにデッキから引いて目の前に並べるところから始めます。敵対するプレイヤーにもカードが1枚ずつ並んでいくところがイイですよね。

敵が場に出したモンスターをクリックすると、それがどんなカードなのかがチェックできます。そしてこちらのデッキからカードを選び、音声コマンドで指示を出すのですが…ここではあえて、城之内や海馬になりきってみるのが楽しいかもしれません。

このアルファ版では攻撃時のエフェクトがまだなく、おまけにライフ・ポイントはプレイヤー自身が数値を増減しなければなりません。少々面倒ですが、まだ開発途中なので仕方がありませんね。

同じくMicrowaveSamより、夜の公園で長めのプレイをする映像もどうぞ。


Video: MicrowaveSam / YouTube


ブラック・マジシャンや、ブラック・マジシャン・ガール、強欲で貪欲な壺にカイザー・グライダーなどなど、代表的なカードは3D化してあるとのこと。昔からのファンのみならず、スマートフォンアプリ『遊戯王 デュエルリンクス』のデュエリストも完成と市販化を夢見てしまう作品になりそうですね。

HoloLensをかけて公園で遊ぶのは、『スーパーマリオブラザーズ』1-1ステージの完全再現もありましたね。ARゲームが台頭するまでまだかかりそうですが、近い将来ゲームは『ポケモンGO』と同じく外で遊ぶのが常識になるかもしれませんね。


Image & Video: MicrowaveSam / YouTube
Source: YouTube 1, 2 via Upload VR

(岡本玄介)