Image:Apple / Instagram


意外にもまだだったんですね。

一部のテック企業は、意外にもSNSサービスの利用に慎重だったりします。例えばApple(アップル)のTwitterアカウント「@Apple」は、まだ一般向けのツイートが表示されていない状態です。そんな中、Appleは突如公式のInstagramアカウントを開設し、話題となっています。

こちらがApple公式InstagramアカウントのURLですが、アカウントにはまだ9個の投稿しか行われていません。そして投稿されているのは、なにやらカッコイイ写真や動画の数々…実はこれら、「#ShotoniPhone」というハッシュタグが付けられた、iPhoneでの撮影画像や動画なんですね。投稿は短い動画のショートクリップから、スライドショー形式のものまでさまざまな種類があります。

アカウントは2017年8月7日(現地時間)に開設され、8月8日(日本時間)の時点ですでに28万人以上のフォロワーを獲得しています。一方、AppleのInstagramアカウントがフォローしているのは「beatsbydre」などのAppleの公式関連アカウントだけです。

今後、Appleがこのアカウントをどのように利用するつもりなのかは不明です。アカウントのフォロワー数を考えれば、AppleからInstagramユーザーへのいいプロモーションの場として活用できそうな気もしますが…。そうそう、完成が近づいている新本社「Apple Park」の進捗状況や引っ越しの模様を公開してくれると、僕もフォローしたくなるんだけどな。


Image: Apple/Instagram
Source: Apple/Instagram

(塚本直樹)