Image: KOKTARO / Shutterstock.com


たしかに必要ないですよね。

スマートスピーカー「HomePod」のファームウェアからさまざまな情報が判明している、新型iPhoneこと「iPhone 8」。今回はその便利な小技として、「画面を見ている時は通知音をミュートにする」という新機能らしきコードが発見されました。


What @jsnell talked about on the last @_upgradefm is true: the iPhone will suppress notification sounds if you're looking at it pic.twitter.com/eFzKUfZYDx

— Guilherme Rambo (@_inside) 2017年8月8日
Source: Twitter


今回のコードを発見したのは、次々とHomePodのファームウェアから新情報を発見しているTwitterアカウントのGuilherme Rambo。確かにコードを見ると、「supportsAttenuatingTonesForAttentionDetected」…つまり、ユーザーが注視しているとトーン音を減衰させる(attenuating)、と書いてありますね。

このコードにはその詳細は記載されていませんが、同じくHomePodのファームウェアからの流出情報によると、iPhone 8は赤外線による3D顔認証機能「Face ID」が搭載されると予測されています。このFace IDでユーザーが画面を見ているかどうかを判別し、そして通知音をオフにする…特に問題なく実装できそうな機能ですね。

その他にも、iPhone 8ではFace IDを生体認証として利用することで電子マネー機能「Apple Pay」が使えるようになるとの情報もあります。これまでは指紋認証機能「Touch ID」で画面ロック解除やお買い物をしてきたのが、これからは顔をピッとスキャンすることでさまざまな機能が実装される…まだちょっと実感がわきませんが、10周年モデルのiPhoneではそれくらいの進化があってもいいんじゃないでしょうか?

・iPhone 8、iPhone 7s、iPhone 7s Plus、ぜ〜んぶ並べたらこんな感じ?

Image: KOKTARO / Shutterstock.com
Source: Twitter

(塚本直樹)