Image: The Word Of The Day Is

だれか、正解確率計算して...?

コミュニケーション・ツールとして毎日お世話になっているSlack。このサービス内で今、ちょっとしたゲームが運営されており、しかも毎日正解者1名に、1,000ドル(約11万円)の賞金が与えられるという大盤振る舞いが行なわれているんですって。

これを報じているのはMashableAsia。そしてゲームの名前は「word of the day」という、日替わりで設定されている英単語がなにかを当てるというものとなっています。ちなみにこのゲームを運営しているのは、ネット上に面白いことを仕掛けるスタジオ、MSCHF。

遊び方とルールは以下の通りです。

・まず「The Word Of The Day Is」のチャンネルにサインインします。

・1回につき1単語のみを投稿できます。文章や改行して別の単語を投稿するのは無効です。

・正解の単語を投稿した最初の人が、その日の勝者となります。

・もし正解者がいなければ、東部標準時11:59PMに正解が発表され、0:00AMには新しい単語にリセットされます。

・ボットなどによる怪しい動きはアカウントを停止します。

・公序良俗に反する、下品だったり差別的なユーザー名や投稿は失格やアカウント停止となります。

なお勝者は、Slackからダイレクトメッセージが届き、金融サービス「Venmo」(ベンモー)にて賞金が振り込まれるようになっています。

英単語がいくつ存在するのか正確な数はわかりかねますが、そのうちのひとつが毎日の正解になります。単なるビジネス・ツールに留まらないユニークなこのゲーム。我こそはという方は参加してみてはいかがでしょうか?

Source: MashableAsia, The Word Of The Day Is, Slack, MSCHF Internet Studios