Image: Gizmodo US

メートル法だけにしちゃえば良くない?

今、世界の主要国のほとんどがメートル法を使っています。でも、その中で唯一、頑なにヤードポンド法を死守しているのが、アメリカです。

先日、アメリカのフォックスニュースで久々に「メートル法VSヤードポンド法」のバトルが勃発しました。火付け役は、過激な発言とトランプ政権支持で知られるフォックスニュースのコメンテーター、タッカー・カールソン氏。彼は「地球上のほとんどの国がメートル法という、独裁の配下に陥落している」と、本気でぼやいています。「それを拒絶した唯一の主要国が、アメリカだ。我々は堂々とフィートやポンドを使うべきだ」。

まあ、そんな極論はさておき、実際にメートル法とヤードポンド法の闘いが、とんでもない事態につながったこともあるんです。アメリカがヤードポンド法の最後の砦と化していますが、単位の違いが生んだ歴史的な悲劇を振り返ってみましょう。

火星探査機の失敗事故(1999年)

1999年9月23日、約135億円の予算がかけられた火星探査機「マーズ・クライメート・オービター」が火星に墜落するという事故が起きました。自然に起きる事故とは考えられず、調査が行われた結果、NASAは「ソフトウェアがメートルとヤードを間違えた」というお粗末な理由を公表しました。

当時、NASAでエンジニアだったリチャード・クック氏は後年、「より良く、早く、安く」をモットーにして、経費削りすぎたことが原因だったと振り返っていました。

幸い、人的被害がなかったのでNASAの関係者は「お金で解決できることですから」と言い張っていたみたいです。でも、135億円って…解決できる額なのでしょうか。

それからこの件はネタ状態で、「アメリカもメートル法にしたら?」っていう話になると「ほら、あの火星探査機が…」って言われるようになったみたいですね。確かに「世界中みんなメートルなんだから」っていう理由じゃ納得できなくても、「大した理由もないのに何百億円もドブに捨てる気?」って言われたら、ちょっとビビるかも。

アメリカで世界に合わせてメートル法を使うことになったら、短期的には費用がかかるかもしれないけど、長期的な利益は計り知れないって専門家の先生も言ってますよ。

巨大カメの事件(2001年)

2001年、ムーアパーク大学の動物研究所がロサンゼルス動物園のガラパゴスゾウガメを預かることになりました。このゾウガメ、御年75歳、名前はクラレンス。でも、大学には大きなカメ用の檻がなかったので、新たに作ることになったのです。まあ、ここまでは問題なし。当然、大学は檻を作るにあたって、動物園にカメの体重を尋ねます。すると、動物園からの回答は「250だよ」というもの。

え?250…何?…というわけで、オチが見えてきましたね。

ムーアパーク大学はクラレンスのために、体重250ポンドを想定した檻を作りました。でも実際の体重は250キログラム。ポンドに換算すると、551ポンド。かなりの重量オーバーです。当然ですが、クラレンスは新しい檻をぶっ壊して脱出してしまいました。

ロサンジェルスタイムズのインタビューに応じたムーアパーク大学のチャック・ブリンクマン氏は「フェンスのポールが一本なぎ倒されてました」としょんぼり。 幸い、クラレンスはそう遠くまではいきませんでした。年老いた亀らしく、近所をのんびりお散歩しているところを無事に保護されました。

その後、セメントでガッチリ固められた頑丈な檻が新たに作られました。でも、「動物園の人がメートル法を使うこともあるから、しっかり確認しないと」っていう、いい教訓になったみたいです。ちなみにクラレンスは今も健在。来月やっと96歳になります!

カナダ航空ジェット機、燃料切れ事件(1983年)

カナダがメートル法に完全移行したのは、1970年代のこと。1971年から段階的に導入していきました。でも、アメリカのお隣さんでもあるカナダだって、最初から全部うまくいっていたわけではありません。最初は相当、混乱もありました。

1983年7月29日、カナダ航空143便は燃料切れというトラブルに見舞われました。それまで何年も「ポンド」で燃料を量っていたカナダ航空が、測量単位をキログラムに変えたばかりの時期で、それが混乱を招いてしまったのです。カナダで初めてメートル法を導入したボーイング767でしたが、ある夏の日、そのうちの一機が燃料不足の状態で飛び立ってしまったのです。

本来、オアワからエドモントンまで行くはずが、燃料不足のため、途中のマニトバ州ギムリに緊急着陸することになりました。さらに悪いことは重なるもので、飛行機のフラップまでがエンジン故障で作動しなかったので、通常よりもかなり速いスピードで着陸することになったのです。ああ、パイロット様…。

事故の後、ニューヨークタイムズ紙は次のように報じています:

今回の一件で、航空業界で2つの矛盾した感情が生まれた。1つはボーイング767がメートル法に切り替えたことで、単純ミスが容易に大規模災害を引き起こす可能性がある、という大きな懸念。そして、もう1つが、最初のミスに気づけなかった点はともかく、燃料切れで失敗が許されない中、無事に大きな航空機を地上に戻したパイロットへの称賛だ。

幸い、乗客69人に重傷者はいませんでした。でも、この事件の後、パイロットは燃料計のチェックを強化したことでしょう。

東京ディズニーランド、スペースマウンテン脱線事故(2003年)

2003年12月、東京ディズニーランドのスペースマウンテンが脱線事故をおこしました。車両の車軸が破損したことが原因だったのですが、そもそもなぜ車軸が壊れてしまったのでしょう? 2004年1月の公式発表によると、これまたメートル法とヤードポンド法の混乱による製造ミスがあったとか。

公式発表より:

破損した車軸は2002年10月に納品された30本のうちの1本でした。30本の車軸すべてが設計仕様より細く、車軸と軸受の隙間が指定された幅より広かったことが今回の事故の原因です。

1995年9月に、スペースマウンテンの車両で使われる軸受の設計仕様がインチからメートルに変更され、それに伴って車軸の直径も今回44.14 mmから45.00 mmに変更されました。しかし、設計図面を修正し維持するための適切な措置が取られなかったため、単位変更が行われた後、2つの異なる図面が当社内に存在しており、2002年10月に納入された車軸には直径44.14 mmの古い図面が使用されていたのです。

幸い、当時スペースマウンテンの乗客にけが人はいませんでした。同社は今後の業務改善と、社員指導を徹底し、信頼回復に努めると誓いました。今のところ、それは守られているようです。それ以後、自然災害以外でトラブルが起きたことはありません。あの、東日本大震災の時、東京ディズニーリゾートの一部も被害を受けましたが、その時もけが人は出ませんでした。

大韓航空貨物機6316便、墜落事故 (1999年)

なぜかわかりませんが、民間航空業界では今も世界的にメートルよりもフィートが使われている分野です。そして、この選択が致命的な結果を生んだのです。

1999年4月15日、大韓航空貨物機の6316便が中国の上海から韓国のソウルに向けて離陸しました。乗務員は3名の定期便で、上海の管制塔から上空1500メートル、つまり約4900フィートに上昇するよう指示を受けました。

しかし、機体が4500フィートに達したとき、パイロットは副操縦士に「あれ、高度って1500フィートだっけ?」と確認しました。そこで副操縦士が「そうです、そうです」と間違えて返事をしてしまったのです。3000フィート高すぎる位置にいる、と勘違いしたパイロットが下降を始めましたが、急激な操作をした結果、飛行機は急降下。操縦不能になった飛行機はそのまま空港からおよそ10キロ地点の住宅地に墜落し、住民ら3名と乗組員全員の5名が死亡、負傷者数十名という大惨事になりました。

なぜこんなことが起きてしまったのか、皆さんならもうわかりますよね。彼らは1500メートルまで上昇するよう管制塔から指示されていたのですが、パイロットと副操縦士はそれを1500フィートと勘違いしたのです。

こんな事故を防ぐ、唯一にして最大の方法は、アメリカがメートル法を採用することなのでしょうが、それはなかなか実現が難しそうです。メートル法はフランスが18世紀に生み出し、世界に広めていったもの。その歴史を知るアメリカ人は、そう簡単にはフランスの色に染まろうとはしないはずです。

『Mastering Modernity: Weights, Measures, and the Standardization of American Life』の著者、ステファン・ミーム氏は2015年、アトランチック誌に次のように話しています:「他国の測量単位、あるいはメートル法を受け入れることは、国家主権の侵害と思われる」。

日本でも戦後、メートル法が広まるまでには抵抗勢力もあったようです。社会に浸透しきったルールを変えるのは確かに大変そうですね。ただ、メートルとヤードとか、キロとマイルって、1.6倍とか、すごい計算しにくいんですよね…。ピンと来なくって。

いっそ、インチとかヤードっていう名前だけ残して、定規の目盛りをずらして「1インチ=1センチ」に変えちゃうってのはどうでしょう…?