Image:machi-ya

ライフハッカー[日本版]からの転載

突然ですが、座るところって気をつかってますか?

デスクワーク中心の方は長時間の座位姿勢でお尻や腰がつらくなってくることも多いですよね。姿勢によって身体への負担も大くなるので、クッションなどで良い姿勢維持ができるようにするのがオススメです。

そんな折、空気の力を使って圧力分散する「3Dクッション」なるアイテムを姉妹サイトmachi-yaで発見。どれほどの効果があるのか気になったので早速お願いしてサンプルを試させてもらいました。

圧力分散でしっかりサポートしてくれる

Image:machi-ya

入れる空気量にもよりますが押してみるとかなり弾力があり、潰れても瞬時に戻ってきます。また空気の量で硬さの調整可能なので、触ってみたり座ってみたりして好みの感触を探ってみるといいと思います。

ちなみに、この小さな突起はお互いに繋がっていて、一箇所で押し下げられた空気は、別の突起では押し上げる力になるとのこと。これにより圧力分散を実現しているんですね。

Image:machi-ya

上述の動画のとおり、ひとつひとつはボコボコしていますが全体に圧力がかかると空気が移動しあい、バランス良く支えられているのを感じます。そして体重移動にも柔軟にフィットしてくれました。

Image:machi-ya

一点だけに圧力がかからないのでお尻が痛くなることも軽減されますよ。 長時間座っていると悪い姿勢になりがちですが、座面が心地良いので自然と良い姿勢をキープできそうな気がしました。

Image:machi-ya

こちらがBefore/Afterの様子。小さな部屋に分かれていますが、均等に空気が行き渡っていますね。なお、空気の量で硬さは好みに調整できるので柔らかな感触が好みなら空気は少し少なめが良さそうです。

必要な大きさに拡張可能

Image:machi-ya

クッション同士は、ファスナーで接続が可能に。4辺すべてにファスナーがついているので、縦横好みの形に無限に拡張することができますよ。

Image:machi-ya

2枚繋げてオフィスチェアに置いてみたところがこちら。座面から背もたれまでちょうどよいサイズ感でした。

組み立てや収納もお手軽

Image:machi-ya

ポンプが付属し、単純に空気を入れるだけなので難しいことは一切なし。1〜2分もあれば完成です。

Image:machi-ya

収納時はしっかりと折りたため、2Lのペットボトルとほぼ同じ高さのまでに。さほどかさばらず持ち運べるので、普段は仕事用の椅子に、お出かけの際は運転席やアウドドアチェアなど、さまざまなシーンで活躍してくれそうです。

圧力分散で体への負担を軽減してくれる「3Dクッション」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン実施中。記事執筆時点で早期割引30%オフコースが4,836円(送料込)から、他にもベッドにできる枚数がセットになったお得なコースなども用意されています。

機能性クッションを検討中であれば下のリンクからチェックしてみてはいかがでしょうか?

>>空気の力で快適な座り心地を提供してくれる「3Dクッション」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya