Image: WALKCAR_CocoaMotors/Twitter

ノートPC感覚で「持ち歩けるクルマ」?

一見するとキャスターの付いたノートPCのようでもあり、はたまた植木用の台車のよう。人が乗って体重移動で走行する不思議な乗り物が登場しました。

“カバンに入れて持ち歩けるクルマ”「WALKCAR®️(ウォーカー)」6/9(火)より日本国内先行販売開始!製品発表から4年間、研究開発・製品改良を重ね、ついに皆様のお手元にお届けできる日を迎えました。詳細はこちら。https://t.co/6UkIekxttA

— WALKCAR_CocoaMotors (@cocoamotors) June 9, 2020

それが日本生まれの「WALKCAR」です。大きさは13インチのノートPCと同じで、車高はスマートフォンの横幅と同程度の74mm。そして重さは2.9kgと携帯性にも優れています。とはいえ、説明しても全然ピンと来ませんよね。

ということで、動画をチェックしてみましょう。

降りるとピタっと止まります。

「強くて軽い」を実現するため本体フレームにはカーボン素材が、そして後輪フレームには削り出しの超超ジェラルミン合金が使われています。加えて新規に開発された、世界最小のインホール・モーターが搭載され、最高時速16km、最長で7kmの距離を走れます。さらには10度の登り坂を駆け上がることができるパワフルさ。

気になるお値段は19万8000円で、6月9日より発売が開始されます。日本国内における公道走行は許可されていないとのことですが、めちゃめちゃ未来的で夢のある乗り物ですよね。うーん欲しいなぁ。

Source: Twitter, YouTube (1, 2) via cocoa motors., PR TIMES