Image: PARCO

オタクカルチャーがひろがってく。

いわゆる“萌え”をストリートカルチャーに持ち込み、独自の感性でツイストする気鋭のアーティスト、JUN INAGAWAの個展「MY MESS」が、渋谷パルコ地下1階のGALLERY X (ギャラリーエックス)にて、開催されています。

Image: PARCO

JUN INAGAWAは、BishやMIYACHIといったミュージシャンのアートワークや、スケーターブランド「FUCKING AWESOME」へのデザイン提供などで活躍中のアーティスト。

個展では、オリジナルキャラクターのPINKUちゃんを始め、今回の個展のために描き下ろした作品を多数展示。さらに、2019年春におこなわれた渋谷DIESEL ART GALLERYでの展示と、同年夏の秋葉原で展開したそれぞれの個展の集大成的なエキシビションになっているとのこと。

アメリカ滞在期のストリートな作品と、日本に帰国以降のオタクサイドの作品、JUN INAGAWAの世界観である“ストリート”と“萌え”、ふたつのスタイルを融合させた作品が楽しめ、かつ混沌とした今の情勢を受けた、JUN INAGAWAの葛藤と答えを盛り込んだ内容となっています。

ネット界隈では馴染み深い、見覚えのあるキャラクターがいるような。気のせいじゃない…よな。

Image: PARCO

小池健輔、河村康輔、UN©︎!!といった個性あるアーティストとも展示内でコラボし、一部作品が販売されています。オリジナルグッズも展開され、Tシャツやトートバッグ、クリアファイル、キーホルダー、バッジ、ステッカーキットなども販売。

展示は6月21日(日)まで。作品とオリジナルアイテムが気になる人は、すべりこみで観に行った方がよさそうです。

JUN INAGAWA EXHIBITION 「MY MESS!」

■会期:開催中〜2020年6月21日(日)
■会場:GALLERY X(渋谷パルコ地下1階/東京都渋谷区宇田川町15-1-B1F)
■営業時間:11:30〜19:30
※最終日は18:00閉場
※入場は閉場時間の30分前まで
■入場料:無料

JUN INAGAWA
弱冠19歳で、DIESELをはじめ、PARADISEやVLONEなど、さまざまなファッションブランドとタッグを組む気鋭アーティストJUN INAGAWA。アニメ作品をこよなく愛する彼が生み出す、"萌え"とストリートカルチャーを融合させた独自の世界観が国内外で注目を浴びている。

Instagram:@jun.inagawa
Twitter:@JunInagawa1

Source: PARCO