Image: Apple Image: Apple

Touch IDの帰還。

2020年9月16日(水)日本時間の深夜2時からスタートしたAppleイベント。発表内容を、すべてこの記事にまとめます。

おはよう、Apple Eventスタートだ

オールブラックに襟元に白シャツがのぞくコーデ素敵。

発表されたプロダクトは4つ! 最強のAppleスマウォ Apple Watch Series 6、廉価でお手軽なApple Watch SE、新しいiPad(第8世代)、そしてiPad Pro顔負けのiPad Air。

それから各OSのアプデ配信日がアナウンスされました(翌日から〜)。でもiPhone 12はお預け!

【発表されたもの・目次】

・Apple Watch Series 6

・Apple Watch SE

・iPad第8世代

・iPad Air

・Apple One

・Apple Fitness+

・環境問題についての取り組み

Apple Watch Series 6

Series 6はApple Watch史上もっともカラバリ多く、4色展開。ブルー、ゴールド、グレイ、レッド。

血中酸素ウェルネスが検出できるのが新しい。就寝中も検出可能。コロナ渦中も心臓と肺の健康管理に役立ちます。アプリで管理しましょう。

ぜんそく症状緩和。インフルエンザの検出も可能。呼吸器疾患の前兆も見逃しません。

Series 6のチップはA13 Bionicベースのデュアルコアプロセッサ搭載。ハイパフォーマンス。

新ベルトがいろいろ。

まず伸縮性が高くて簡単に腕につけられうソロループが新登場! 鎖も金具もバックルもないリングタイプで、7色カラバリ。サイズ多数なので、自分にあうものを選べる。防水。

それからシリコーン糸で編み込んだブレイテッドデザインも追加。5色の展開。高級感あるけどちょっと高い。

そしてレザーのループもあります!

ファミリー共有設定ではスクールタイムモードなども加わって、ステイホームのファミリー共有が簡単に。年内リリース!

なにげに充電が20%早くなってる。399ドルから。

Apple Watch SE

Apple Watch SEは廉価版のApple Watch。Series 5の頭脳であるS5システムを内蔵しています。

Series 3より2倍の高速環境を実現。セルラーモデルもあり。加速センサ、心拍センサ、コンパス、ジャイロ、モーションセンサ、落下検出全部盛りで気になるお値段279ドルから! 安っ!

Appleがスマートウォッチの覇権を離さないぜ…。

(ちなみにSeries 3は199ドルにプライスダウンしてもっと安っ!)

文字盤デザインが7種類追加。GMT文字盤、カウントアップ文字盤、レースウォッチ文字盤、タイポグラフィ文字盤、アート文字盤、ミー文字文字盤、ストライプ文字盤。Series 6でも使える。

新ツール公開で、好きな文字盤を作ることができるようになりました。サーフィン、写真家、医療従事者などそれぞれにあった機能を文字盤に表示できるように。

Apple WatchからUSB電源アダプターが消えます。うーん、同梱じゃなくなるみたいですね…。ない人もいるんじゃ…。

本日から受注開始。

iPad第8世代

iPad第8世代はA12 Bionicを搭載。

見た目は一緒、サイズも一緒の10.2インチだけど「CPUは40%高速化、グラフィクスは2倍高速化。最上位のWindowsノートの2倍、Androidタブレットの3倍、Chromebookの6倍」だそう。

PencilはProのと違う……と思ったら初代Pencilをバンドで固定しているっぽい。

新型iPadは329ドルから!学割299ドル。

このお値段だとむしろPencilが高く感じそう。

iPad Air

iPad AirはほぼProと見分けつきません。だけどいろいろ新しい。

ディスプレイには10.9インチのLiquid Retina(液晶)を採用。2360 x 1650px 60hzです。反射しないコーティングがされていて、ディスプレイの色を環境に合わせるTrue Toneも搭載。

Touch IDの起動ボタンが上部に搭載になりました。すごく小さい。ていうかマスク着用増えた今めちゃ助かる。

指紋センサーはサファイアクリスタルのがレンズが入ってるんだそうですよ? ガラスより強いはず。

中には6コアのA14チップが入って前モデルより40%高速に。GPUも4コアにアップグレードしました。パワフルこの上なし。「A14 BionicはこれまでAppleがつくったプロセッサの中でも最強」ということはProを超えちゃってるってことですよね。

DJアプリ、ゲーム、写真編集アプリなどサクサクこなすハイパフォーマンス。Neuralプロセッサを活用したインテリジェント機能をアプリに組み込めることで、可能性が広がります。

USB-C導入で前モデルから10倍はやくなった転送速度。スピードは正義。

カメラはiPad Proと同等。フロント7MP、メイン12MP。

スピーカーは横向きステレオサウンドです。いやProじゃん!

599ドルで来月発売。

ちなみに、アクセサリもマグネットで横につく仕様で、フローティングデザインのキーボードもあり。マジProってる。

ソフトウェア

Apple One

噂されていたApple One!

サブスクバンドルのApple OneはiCloud、Apple Music、TV+、Arcade、News+、Fitness+(後述)など。

個人(14.95ドル)、ファミリー(19.95ドル)、プレミア(29.95ドル)の3タイプから選んでサブスクできます。Appleエコシステムにどっぷりの人は嬉しいやつ。

Apple Fitness+

Apple Fitness+は、Appleが提供するフィットネスサブスク。週替わりでワークアウトの新メニュー。幅広いトレーナー、楽曲を用意しています。

ワークアウト一覧からビデオを選ぶ→測定値をリアルタイムでチェックする感じ。

カウントダウンタイマーつきで、リングでプログレスが見れるほか、カロリー、心拍数なんかも確認できる。

エクササイズはヨガ、サイクリング、ダンス、ダンベル、クールダウンまでフルカバー。

Apple TVとWatchの連動ももちろんOK。アルゴリズムで最適なワークアウトをおすすめしてくれます。月9.99ドルか年79.99ドルでファミリー全員で楽しめる!

……でも日本ではスタートせず。

プロダクト以外

環境問題についての取り組み

Appleは2030年までにカーボンフットプリントを35%カット、サプライチェーンすべてにおいて100%カーボンニュートラルを目指します!と環境担当VPのリサ・ジャクソンさんが宣言。

Apple Watchの生産でも、

iPadの生産でも頑張ってるよとApple。大事。

Image: Apple
Source: Apple