Image: from TR

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

マインドフルネスにつながる、贅沢な時間を過ごせそう。

姉妹サイトmachi-yaに登場したデザイン茶器「HEI」は、お茶を淹れる行為自体を楽しめるようにと開発された製品。持ち運びも容易なサイズ感で、キャンプなど屋外へ持ち出してホッと息をつくなんて利用も可能です。

毎日のティータイムをちょっぴりグレードアップできそうなので、早速チェックしてみましょう。

ホテルのおもてなしのような茶器セット

Image: from TR

「HEI」は急須、温度計、インフューザー(茶こし)、カップの4点が入った茶器セットで、日々のティータイムをより趣深い時間へと演出してくれる機能を搭載しているそう。

本体素材にはイーシンクレイと呼ばれる粘土をベースに採用しており、保温能力も強力なんだとか。

Image: from TR

シンプルな外観に金属パーツが映え、高級感のある仕上がりに見えますね。

Image: from TR

こちらはマグネットで茶こしと一体化できるユニークなデザインの温度計。

お茶の美味しさを引き出すのに重要な要素である温度を視認性高く見ることができ、ユーザーインターフェイスへのこだわりが感じられますね。

4ステップで楽しむお茶淹れ

Image: from TR

ここからは「HEI」を使った手順をご紹介。

まず、沸騰したお湯を注ぎ入れ、茶葉ごとの適切な温度に下がるまで待ちます。

Image: from TR

並行して、茶葉をインフューザーに適量入れておきます。ちなみに茶葉でもティーバックも両方対応とのこと。

Image: from TR

茶こしと測温計を接続し、ティーポットへ取り付けて、茶葉ごとに設定された規定時間が経つまで待ちます。

Image: from TR

あとは付属カップやお気に入りのカップに注いで楽しむだけ。

手順もわかりやすく、お茶を飲むために淹れる行為そのものを楽しめる設計と言えそうですね。

アウトドアでの利用も

Image: from TR

持ち運びも可能なサイズ感なので、キャンプなど野外へ持ち出してお茶飲みを楽しむのもアリかも。

アウトドアシーンでもコーヒー器具は多く見かけますが、お茶関連は意外と手薄の方も多いかもしれません。友人と差別化できそうなのも良さそうですね。

Image: from TR

日本の文化にも根付いたお茶を飲む習慣。

インスタントやペットボトルも悪くはないですが、「HEI」で淹れる時間から楽しめる上質なティータイムを過ごしてみてもいいかもしれませんね。

お茶時間をワンランク上げてくれるデザイン茶器「HEI」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。

執筆時点では13,600円(送料・税込)からオーダー可能で、ギフトセットや数量限定のゴールドバージョンも存在するようですので、気になる方は以下のリンクからチェックしてみてくださいね!

>>淹れるを楽しむプレミアムなデザイン茶器「HEI」

Source: machi-ya, YouTube