Image: Huawei

スマホ事業売却の噂が流れてはいますが…。

Huawei(ファーウェイ)のスマホは米国からの制裁の影響で販売台数が激減し、事業売却の噂も流れています。そんな厳しい状況ではありますが、次世代折りたたみスマホ「Mate X2」はもうすぐ発売に漕ぎつけられそうです。

Huawei公式Weiboアカウントが、Mate X2を2月22日発売するというティザー画像をポストしました。2019年の初代Mate X、2020年のMate Xsの後継となる待望のフラッグシップです。今までとの大きな違いは、画像からは多分…ってくらいにしかわからないんですが、Mate X2はディスプレイが内側に曲がるらしいことです。これまでHuaweiの折りたたみスマホは、内側にたたむSamsung(サムスン)のGalaxy FoldとかGalaxy Z Fold2と対照的に、ディスプレイが外側に曲がるタイプでした。

SamsungとHuaweiがそれぞれ最初の折りたたみスマホをローンチしたときは、折りたたむ向きは内と外どっちがいいのか、議論百出しました。

Galaxy Foldみたいに内側にたたむタイプだと、曲がる繊細なスクリーンを他のものとの接触から保護できて、耐久性が高そうに見えます(ただし折りたたみスマホが傷つく原因は、他のものとの接触とは限らないんですが)。それに対し欠点は、曲がるスクリーンは閉じているときに見えないので、外側にも別途ディスプレイを追加することになり、結果として本体が分厚くなることです。

一方外向きにたたむタイプは、折り目の角度が内向きタイプに比べてゆるやかなので、跡がつきにくいのがメリットです。Mate Xのスクリーンは閉じたときに本体をほぼ覆うようになるので、追加のディスプレイも必要なく、カメラモジュールも余分に載せなくてOKです。つまりMate XはGalaxy Foldみたいに冗長なコンポーネントが入ってないので、全体的にすっきり薄くできています。ただ一番のキモであるフレキシブルなスクリーンがむき出しなので、傷つきそうな感じが心配でした。

Mate X2のスペックは、噂ではメインの8インチ折りたたみスクリーン、プラス6.45インチセカンダリスクリーン搭載とされています。なのでHuaweiとしてはSamsungのデザインを見た上で、内向きタイプを試してみようとなったんでしょうね。

あとはMate X2には、Galaxy Z Fold2にはないスタイラスが内蔵されるかもしれません。またリークしてきた非公式画像によれば、ラップトップモードってのが追加され、横向きに置くことで極小パソコンとして使えるともいわれてます。ラップトップモードが機能するには特殊なソフトウェアなりが必要になるはずですが、ほんとに可能になるなら、折りたたみスマホの重要な進化になるかもしれません。

Here is the Mate X2 concept video from Feb/Mar. https://t.co/IzF8J1EnWt

— Ross Young (@DSCCRoss) August 10, 2020

他のスペックとしては、5G対応や最大10倍ズームを備えた4眼カメラモジュール、最大512GBのストレージ、66Wの超瞬速充電といったハイエンドな機能が予想されてます。

HuaweiはMate X2を2月22日に公式発表するとしています。ただ、今までHuaweiの折りたたみスマホは中国でしか公式発売してないこと、今もGoogle Mobile Services搭載を禁止されていることから、中国外で発売される可能性は低そうです。