Image: DUSKIN

億劫な掃除が習慣になる。

モップで集めたゴミやホコリを下から吸引するダスキンの「スタイルクリーナー」が、もっとシンプルで家に溶け込むデザインの「MuKu」に進化しました。

見た目は小さくて白い箱ですが、モップを立てて収納するケースも純白の四角い箱でシンプル。スッと抜き取りササッと拭いて、モップクリーナーでズォーっと吸い取ればお掃除完了というお手軽さです。

モップクリーナーは静音設計

吸込口の両端に起動スイッチがあるので、モップをくっつければ吸引スタート。ゴム製のブラシが2段構えでゴミやホコリを掻き取るよう作られています。従来品の中で最も静かな動作音を実現し、朝でも夜でもうるさくありません。ゴミが溜まったら1枚154円か4枚495円の紙パックを交換します。

モップはアレル物質抑制成分配合

ハンドルは長さが110cmで、モップは幅36cm×奥行き15cm。「短い繊維をねじり合わせて毛羽立たせたパイルに、アレル物質抑制成分を配合した吸着剤を染み込ませる」という技術が使われています。吸着剤には抗菌、防カビ剤、ダニのフンや花粉を包み込む成分が配合されています。花粉の多いこの季節にはありがたいですよね。

Image: DUSKIN

購入&レンタル方法

まずモップケースとハンドルを購入して、モップとクリーナーがレンタルになります。その後4週間でモップのみが郵送されてきて、その後も4週間ごとに専用の封筒でモップが郵送されてきます。

初回にかかる料金は5,973円で、4週間後からはモップとクリーナーのレンタル代が毎月1,353円かかります。

筆者は一時期、旧式の「スタイルクリーナー」をレンタルしていて、気付いた時に床をスイスイっと掃除していました。目の前にハンドルが立っていると歩いているついでについつい掃除してしまううえ、モップがロボット掃除機では入れない隙間にも入るので便利でした。大人がやっていれば子供もマネして自発的に掃除するかもしれませんし、春の新生活に導入してみてはいかがでしょう? 

Source: YouTube via DUSKIN via 家電 Watch