Image: TANITA

皮下脂肪の厚みを測るって。

高機能な体重計で知られるタニタより、体脂肪ではなく“皮下脂肪"の厚みを計測する「皮下脂肪厚計 SR-903」が発売されます。

微弱な電流とアルゴリズムで解析

何かと耳にする皮下脂肪ですが、これは皮膚と筋肉の間にある脂肪です。身体に微弱な電流を流したときの電気抵抗値(インピーダンス)を独自のアルゴリズムで解析することで数値化できるようになりました。脂肪は筋肉に比べて電気抵抗値の位相差が少なく、皮下脂肪が厚いほどそれが小さくなる特徴があるとのこと。太っちょさんほど、計測しにくかったんですね。

精度は超音波を使うエコー装置と同じくらいの高さで、0.1cm単位で皮下脂肪の厚さを表示します。

Image: TANITA

開発の背景

タニタいわく、この「皮下脂肪厚計」は、医療機関が新型コロナウイルスのワクチンを、インスリン用注射器を使って打つようになるため、その施術を円滑に行なうべく旧型を改良して急遽作ったのだそうです。

使い方は簡単

搭載されたボタンは3つだけというシンプルさ。まずは「ON」のボタンで起動し、本体裏面の電極か、計測する身体の部位を水で濡らし、そこに押し当て「START」を押せば5秒で計測完了です。使用後は「OFF」で電源を切ればOK。

価格は9,900円で、タニタオンラインショップで予約ができるようになっています。とはいえ、発売は6月1日になるとのこと。自粛太りを測るためのものではありませんが、コロナ禍で太った方や筋トレを始めた方にも気になるガジェットかもしれませんね。

Source: タニタオンラインショップ, TANITA via 家電 Watch