Image: ディズニー・スタジオ公式/YouTube

本物のマンダリンがついに登場……!

Disney+で配信中のマーベルのドラマ『ファルコン&ウィンターソルジャー』もいよいよ最終回で最高に盛り上がっている中、今度は新作映画となる『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の特報映像が公開されました。直球のカンフー映画となってます!

秘密結社テン・リングスの首領マンダリンによって最強の暗殺者となるべく育てられながらも、組織を離れ普通に生きることを選んだシャン・チーが、組織に呼び戻され戦いに巻き込まれていく…という展開になる様子。

シャン・チーはコミックでは不死の犯罪王フー・マンチューによって暗殺者として育てられたものの、悪の道と決別し父の宿敵であるデニス・ネイランド・スミスとMI-6(イギリスの諜報機関)と協力して父と戦うことを選んだヒーロー。Netflixでドラマ化された「アイアン・フィスト」と同格といって過言ではないマーベル最強の格闘家のうちの一人でもあります。

コミックのフー・マンチューはマーベルではなくイギリスの小説『フー・マンチュー博士の秘密(怪人フー・マンチュー)』に登場するキャラクターで、かつてマーベルがライセンスを獲得してコミックに登場させていました。今はその権利を持たないこともあり、映画では(彼がモデルとなった)マンダリンに置き換えられているとのこと。

マンダリンとテン・リングスは『アイアンマン3』にも登場しましたが、あれは偽物というお話でしたよね。実は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』に特典映像で収録された「マーベル・ワンショット:王は俺だ」の中で、マンダリンとテン・リングス自体は本当に存在する組織だと描かれていました。その伏線がこんな形で回収されるとは…!

とにかく今作はかなりの予算をかけたカンフー映画としても凄まじいものになっていそうであり、ついにアジア系のヒーローが主人公のマーベル映画というところでも楽しみな作品です。

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年9月3日劇場公開予定です。

Source: マーベル via YouTube