Image: THANKO

まるでキンキンに冷えた缶飲料を当てる感覚。

もはや夏の定番ともいえる、手持ち式のハンディー・ファン。その最新型として、扇風機部分の中心にペルチェ素子の冷却プレートが合体した「ピタファン」が、サンコーから登場しました。

Image: THANKO

最近は首掛け型のネッククーラーが増えてきましたが、それだと首の左右、加えて首の後ろしか冷えません。でもこれを使えば、ほっぺたでもおでこでも、「ここだ!」という場所を冷やせるのです。

これを身体に当てると、体感温度が-17度に感じるのだそうな。冷却プレートは結露ができるほど冷えるので、ただ風を送るだけでも従来型より涼しいでしょうね。

ネッククーラーEvoでも使用している 冷却プレートを搭載したハンディファン。 結露するほど”ひぇっひえ”です。https://t.co/rvdTHED022#ピタファン pic.twitter.com/7LFZbLzt0G

— サンコーレアモノショップ公式 (@thanko_web) May 24, 2021

この「ピタファン」は、街中で使える「PITAFAN City」と、持ち手が四角く首がふたつに折れて平面に置ける「PITAFAN Office」の2種類が作られています。風量は3段階に調節でき、約4時間の充電で1時間30分ほど連続仕様ができます。

デザインがそれぞれ違うんです!#ピタファン pic.twitter.com/XEgu2tNt8f

— サンコーレアモノショップ公式 (@thanko_web) May 24, 2021

価格は3,980円。「見た目的に首掛け式のはちょっとなぁ…」という方は、コレで決まりですね!

Source: YouTube, Twitter via THANKO