Photo: junior

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

梅雨入り、早すぎ。

雨対策アイテムの新調や入れ替えが追いついていない方も多いかと思いますが、本日はおすすめの雨対策アイテムをご紹介します。

姉妹サイトmachi-yaにて展開中の「+F+(エフ)」ブランドのニットシューズ「BALMORAL」と「CHUKKA BOOTS」は2つは革新的なニット素材の採用によって雨に強く蒸れないを実現した製品です。

皆さんの参考にしていただくべく、今回サンプルをお借りして使ってみた感想をお届けします。

ニット素材のメリット

Photo: junior 左がCHUKKA BOOTS/右はBALMORAL

ハイテクニット素材「ACTHREAD」を採用した「F」の製品は、水に強く、蒸れにくい、歩きやすいと三拍子揃ったバランスの良い製品。

ブーツタイプと内羽根ストレートチップの2種類が展開で、どちらもスーツやビジネスカジュアルに合う落ち着いたデザインに仕上がっています。

Photo: junior

素材のニットにクローズアップしたところがこちら。

網目が細かくハイゲージニットのように詰まっているのが特長。

Photo: junior

ニットと聞くと水に弱そうなイメージですが、ご覧のように水滴が玉になるぐらいの強力撥水でした。

その秘密はニットを編む前の糸の状態から撥水加工を施しているとのことで、雨の日シューズとして申し分ない実力を持っているようです。

Photo: junior

ニット素材なので物理的にも軽くしなやかな履き心地。伸縮性もあり、下ろしたてでも締めつけ感なく痛みもないのが嬉しいポイントでした。

また革靴だと気になる使用後の履きジワもなくメンテナンスの手軽さも良いですね。

Photo: junior

汗をかく量などは人それぞれですが、筆者としては普段のスニーカーや革靴に比べニット素材による通気性の良さはしっかりと実感できました。

レインブーツはいわゆるゴム系素材が防水の要なので、蒸れというデメリットは仕方ないと思っていましたが、考えが変わりましたね。

こだわりソールで歩きやすさも

Photo: junior

「+F+(エフ)」シリーズでは、撥水や通気性だけでなく歩きやすさにもこだわりがあります。

例えばアウトソールは白いボタン状の硬質ゴムによりグリップが向上して滑りにくくなっている点や、

Photo: junior

インソールも専用品で、しっかりと足のアーチ(土踏まず)部分を支える構造に。

Photo: junior

さらに、かかと側にはモチモチと弾力のあるクッション素材を搭載。

ハイテクスニーカーとまではいきませんが、衝撃吸収など十分に歩きやすくなっていましたよ。

両方気になる

左:BALMORAL / 右 CHUKKA BOOTS Photo: junior

「BALMORAL」は通勤靴としてスーツにも相性が良さそうですし、「CHUKKA BOOTS」はビジネスカジュアルや秋冬の季節に使いやすそうと、シーンや季節による使い分けを考えるとどちらも欲しくなるかも…。

選ぶ基準もさまざまですが、雨用シューズとして使うなら背の高い「CHUKKA BOOTS」の方が濡れにくくて良いですよ!

革新的なニット素材のシューズ「+F+(エフ)」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では「CHUKKA BOOTS」単品が25%OFFの14,250円、「BALMORAL」が15%OFFの15,300円(いずれも送料・税込)からオーダー可能でした。

さらにお得なセットコースなどもあったので、気になる方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

日本のビジネスシーンを足元から変えるハイテクニット素材シューズ

25%OFF 14,250円〜

machi-yaでチェックする

Source:machi-ya