Image: MacRumors

ますます便利に。

今年秋にリリースされるiOS 15では、「探す」機能がさらに進化。AirTagやApple(アップル)デバイスから離れるとiPhoneのアラートを鳴らす機能が追加されます。

上画像のように「Notify When Left Behind」を選択することで、利用できるこの機能。さらにアップル製品だけでなく、サードパーティーの製品でもアラートを鳴らす事ができます。

一方でデバイスが自宅など特定の場所に置いてある場合には、アラートを鳴らさないように設定することも可能です。

これらのアラート機能や自宅では鳴らさない機能は、Tileなどのサードパーティの紛失防止タグでは以前から利用できていました。AirTagやその他のアップル製品も機能が同等に追いつきました。

Source: MacRumors