Image: Twitter

話題のNFTを所持できるかも?

本日7月1日、Twitter(ツイッター)が140人に140個のNFT(非代替性トークン)を無料でプレゼントする企画を行なっています。

そこでアメリカのTwitterでは、アカウントの説明に「dropping NFTs all day(一日中NFTを投下中)」とあり、投稿されたツイートからどのようなNFTが用意されているのかが分かります。

140 free NFTs for 140 of you, besties pic.twitter.com/0Pm0tNhIRg

— Twitter (@Twitter) June 30, 2021

つぶやきには「140個の無料NFTを140人のマブダチに」と動画があります。それらの動画は、こんな感じとなっており、それぞれに題名が付いています。

Reply Guy

The man behind the mansplaining. pic.twitter.com/H5YdNxVUvl

— Twitter (@Twitter) June 30, 2021

Vitamin T

Take daily for a good time. pic.twitter.com/xbc2ByTDef

— Twitter (@Twitter) June 30, 2021

Furry Twitter

Like but don’t touch. pic.twitter.com/oFTngwhJms

— Twitter (@Twitter) June 30, 2021

twttr jggl

You are what you Tweet. pic.twitter.com/gQwNikTXrN

— Twitter (@Twitter) June 30, 2021

Rare Form

That’s it. That’s the logo. pic.twitter.com/d6KQWzkczP

— Twitter (@Twitter) June 30, 2021

Building Characters

The Great Glow Up pic.twitter.com/2VQ7ZGcr5q

— Twitter (@Twitter) June 30, 2021

First Born

Check in on your Tweets. pic.twitter.com/qrKHOeVxtU

— Twitter (@Twitter) June 30, 2021

日本でもお知らせ中

Twitter Japanのアカウントでも、「Twitter、NFTはじめました!」と冷やし中華のような紹介文になっており、このようなツイートがあります。

Twitter、NFTはじめました! プレゼントすると言ったら…欲しい人いますか? https://t.co/tYyFHc9H56

— Twitter Japan (@TwitterJP) July 1, 2021

7種類の動画が20人ずつに当たるようですが、140人とはなかなかの狭き門ですね。当選は各アカウントのフォロー後にDMで直接お知らせが来るようになっています。

NFTとは

ブロックチェーン技術を使った「NFT」。その世界では動画やイラスト、概念のみで実在しない彫刻(の証明書)、インターネットを生み出したソースコードといったデジタル・データが、何百万、何千万、何億円という高値で売買されています。

これらツイッターが配布するNFTは、所有するだけで購入できない模様。とはいえ、いま全世界で話題のNFTを(デジタル的に)所持できるチャンスですね。一生モノの財産になるかもしれません。

Source: Twitter (1, 2) via Bloomberg, HYPEBEAST, TechCrunch Japan