Image: Bird Cities Blog

ちょっと借りる、この気軽さがいい。

電動スクーターでお馴染みBirdが、この夏、ニューヨーク市にて、電動車椅子レンタルを始めます。これは、パーソナルモビリティを手がける企業Scootaroundとの提携プログラム。Birdアプリから車椅子を予約、レンタルできます。提供する車椅子は3モデルで、3輪タイプ、4輪タイプに加え、革新的デザインで受賞歴もあるWHILL Model Ci2も選べます。カゴ付きオプションもあり。レンタル期間は1日から14日間。受け取り・返却場所も予約時にアプリから指定可能。受け渡し時には、使い方を教えてくれる説明スタッフがついてきてくれるので、初めての機種でも心強いですね。

ScootaroundのCEOであるKerry Renaud氏は、プレスリリースでこう語っています。

「自転車やスクーターのシェアサービスなど、マイクロモビリティの選択肢が拡大するなか、乗り物のネットワークの進化による利益を、身体障害者も含めできるだけ多くの人に提供すべきだと考えています。そのために、今回の革新的なパートナープログラムは非常に重要な過程であり、実現のためBirdが積極的に参加してくれうれしく思っています」。

ニューヨークの電動車椅子プログラムは実験的導入であり、この結果を踏まえ、年内に複数都市にプログラムを拡大していきたい考え。必要な人が、必要な時に、必要なだけ使えるというのは、自転車でも車椅子でもありがたいサービスですよね。

Source/Image: Bird via The Verge