Image: Timaze Japan

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

一生使えそうなフレーム。

涼を得るのにハンディファンなど自動化もいいですが、扇子やうちわも夏の風物詩で風流な点が良くないですか? とはいえ、安価な製品だと一夏過ぎる頃にはガタがきている…なんてこともありますよね。

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「TTi-718/918 SE」は扇面以外がすべてチタンという耐久性ガチ仕様なうえ、扇面にはシルクの採用や18金加工なゴールドカラーなど、贅を尽くした1本となっていました。

値段も相応に高価でしたが、お得な先行販売にまだ間に合うとのことですので、改めて特長を探ってみたいと思います!

チタン×シルクの高級扇子

上:TTi-718 SE、下:TTi-918 SE Image: Timaze Japan

改めて「TTi-718/918 SE」は、フレームだけではなく骨をつなぎ止める要などのすべてパーツにチタン素材を採用しています。

チタンという素材自体は希少性はありませんが加工の難しさがコストに反映されるそう。反面、耐久性があり同強度を実現するには他の金属より軽くさらに錆びにくいというメリットもあり、長く使える素材であることはご存じの方も多いかと思います。

718と918の2モデル展開で、718が日本でよく見る扇子のサイズ感で918は中国扇子のような大きめサイズとのこと。

Image: Timaze Japan

扇面は和紙ではなく高級生地でもあるシルクを採用。

正確には美しい質感と耐久性を両立させるため薄い紙が芯材になっているとのことですが、画像からも絹製品のきめ細やかさが伝わってきますね。

Image: Timaze Japan

扇子のフレームは両端の太い親骨と中骨というパーツに分類されていますが、

Image: Timaze Japan

中骨はご覧のとおりのしなやかさ。

チタンはステンレスやアルミニウムに比べて比強度の高い(同じ強度でも薄く軽くできる)ため、中骨の先端は0.5mmほどの薄さでも頑丈だそうです。

豪華カラーもラインナップ

中骨パーツがシルバーで、親骨パーツがグレーだそう Image: Timaze Japan

チタン製品といえばシルバーやマットグレーな印象をお持ちの方も多いかと思いますが、「TTi-718/918 SE」にはそんなイメージを覆す豪華カラーもラインナップされています。

Image: Timaze Japan

マットなブラックカラーはずっしりとした重厚感と存在感がありますね。

これらは塗装ではなく、高級時計のケース等にも使用されるPVDコーティングと呼ばれる技術で硬化膜を作って色を形成しているとのこと。

塗装と比較して剥がれにくく美しい色を発現できるのもメリットだそうですよ。

Image: Timaze Japan

同様のPVD技術を使った、まばゆいゴールドカラーの展開も。オーラが半端ないですね…。

なおゴールドカラーには遊び心のあるオプションがあり、強度が高いチタンで再現した金色と本物の18金を蒸着させるタイプを選べるそうです。

本物ゴールドと聞くと選択したくなってしまいますが、金は柔らかい金属のためチタンゴールドに比べて傷つきやすい点にはご注意を。

シルクを使用した高級感溢れるチタン扇子「TTi-718/918 SE」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにて先行販売を実施中。

執筆時点では、「TTi-718 SE」のグレー/シルバーカラーが35,800円、「TTi-918 SE」のグレー/シルバーカラーが39,800円がいずれも送料・税込からオーダー可能となっていましたよ。

お得なキャンペーンが終了する前に、気になった方は下のリンクからチェックしてみてください!

伝統とモダンの邂逅。プレミアムなチタンとシルクの扇子:TTi-718/918SE

15%OFF 35,800円

machi-yaでチェックする

Source: machi-ya, シチズン時計株式会社