Image: Google

今っぽい仕様です。

コロナによって世界中で一気に加速したリモートワーク。アフターコロナに向けて、出社を進める企業、出社&リモートミックスで対応する企業、希望者はずっとリモート可能な企業と、対応は割れています。社内意見も割れているようで、これからは今まで以上に幅広いワークスタイルが求められそう。てことで、そんなこれからの社会に役立ちそうな機能が、Googleカレンダーに追加されます。

Googleカレンダーの招待状機能の出欠確認、そこに新しく出席の仕方が加わりました。出席方法、つまり会議室で出席=リアルなのか、バーチャルで出席するのかです。リモートと出社のミックスがある人には、これは非常に助かるオプションだと思います。リアルの出席人数見て会議室予約できますし、みんなオンラインならランチにがっつりニンニクいけるし。

このオプションは、Google Workspaceユーザー向けのもの(G Suiteのベーシック・ビジネスユーザーも可能)。まずは、Googleカレンダー上のみで利用可能(OutlookやiCal上では不可)で、じきにGmailの招待状にも拡張する予定とのこと。

ちなみに、Googleは出社&リモートミックスで進めるみたいなので、会議出席がリアルかオンラインかを含め返信するのは、社内的にも助かる仕様ですよね。

Source: Google