Image: LITINTERNATIONAL

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

コロナ禍でも密を避けられ、人気も継続中のアウトドアレジャー。

筆者もソロからグループキャンプまで楽しんでいるところですが、今回はソロや2人程度の少人数キャンプにオススメな焚き火台「FlexFire Premium」をご紹介します。

プレート組み立て式の極小コンパクトな焚き火台で、ガス缶や薪・炭などさまざまな熱源に対応するなど、使い勝手も上々なようです。

姉妹サイトmachi-yaでお得な先行販売が始まっていたので、早速チェックしてみましょう。

2wayで組み立て可能な焚き火台

Image: LITINTERNATIONAL

ドイツのWika Technology社が手がける「FlexFire」は、プレートを組み合わせて形作る焚き火台シリーズ。

使用するプレートの数を4枚か6枚で選べ、それぞれ四角形と六角形の焚き火台に組み立てることができるそう。

Image: LITINTERNATIONAL

すべてのプレートを含めても厚みは1.2cmとのことでかなりコンパクトに見えますね。これぐらいのサイズ感なら、普段使うバックパックに忍ばせておくのも可能かも。

多彩な熱源に対応

Image: LITINTERNATIONAL

多彩な熱源に対応しているのも「FlexFire Premium」の特長のひとつ。

キャンパーにはお馴染みのガスバーナーも対応しており、6枚プレートで組み立てればガス缶ごと収納できるようです。

Image: LITINTERNATIONAL

炭や薪もOKとのこと。

なお、大型の薪は物理的にもオーバーサイズに思えますが、大きく穴の空いた有料オプションプレートで対応可能なようです。

Image: LITINTERNATIONAL

そのほか固形燃料やアルコールバーナーといったアイテムにも対応しています。

連結も可能だよ

Image: LITINTERNATIONAL

「Flex Fire Premium」を2つ用意すれば、ご覧のような連結が可能。

少し人数が増えた場合に挑戦してみたいかも。

Image: LITINTERNATIONAL

素材はステンレスチタン合金で耐久性もあるとのこと。

小さいボディながらも、分厚いお肉や重たいスキレットを乗せての調理も可能なようです。

ドイツからやってきたプレート組み立て式焚き火台「FlexFire Premium」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにて先行販売を実施中。

18%オフの19,800円(送料・税込)からオーダーいただけます。

ご紹介できなかった、さらなる製品のこだわり等詳細情報は以下のリンクからチェックしてみてください。

【FlexFire Premium】焚き火を持ち歩く 極薄・携帯・多機能焚火台

18%OFF 19,800円

machi-yaでチェックする

Source: machi-ya, YouTube