Image: nest on

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

レジ袋に続き、お前もか…。

賛否両論あるプラ削減関連の法令に基づき、来年4月からはプラスチック製フォークやスプーンも有料化などの規制が始まる見込み。

ランチやお弁当には必須アイテムなのでエコバッグに続いてマイカトラリーが定番化するかもですが、そんな時事ネタにドンピシャなポータブルカトラリーセット「S+ Cutlery」が姉妹サイトmachi-yaに登場しました。

軽量かつ、耐久性、耐熱性、耐食性などにも優れ、ガラス長繊維強化ポリプロピレン採用でニオイも移りにくいとのことですので、早速詳細をチェックしてみましょう!

5つのカトラリーをコンパクトに

Image: nest on

「S+Cutlery」は箸、スプーン、フォーク、ナイフ、箸置きの5点を専用BOXでコンパクトに持ち運ぶことのできるマイカトラリーセット。

Image: nest on

収納BOXは3.5×3.5×12cmと手のひらサイズで、バッグに入れておいても邪魔にならないサイズ感。

さらに、重さもコンビニおにぎり1個分以下となる90gと軽量なのが良いですね。

Image: nest on

カトラリーはステンレスネジで分解・組み立て式のため、ケース収納時の高さが抑えられています。

パーツもシンプルかつケースも余裕を持った作りのためか、ある程度適当に収納しても蓋が閉まらないというストレスは無さそうです。

丈夫で衛生的なGFRP素材

Image: nest on

ガラス長繊維強化ポリプロピレン(GFRP)を採用し、プラスチックと同程度の軽さでありながら強度はそれ以上なんだとか。

一般的なプラスチック製のナイフでは頼りないりんごのカットも、ご覧の通り。

Image: nest on

また、一般的なプラスチックに比べて油に対しての親和性が低く、油汚れも落ちやすいそう。

耐食性や耐水性に優れているため、例えば匂いの強いカレーなどを食べた後も匂いが残りにくいんだとか。食洗機にも対応しているので、お手入れもしやすそうですね。

Image: nest on

専用BOXの底面には通気用の穴が設けられているため、湿気が溜まってカビが発生してしまうなどの衛生面での心配も軽減されそうです。

使いやすさ重視のデザイン

Image: nest on

ナイフは上部が少し凹んでいることで力を加えやすく、カットもラクになるそう。

フォークスプーンはフォーク部分を長めにすることで刺しやすく、スプーン部分は深めにしてすくいやすくなるように設計されているようです。

Image: nest on

一見シンプルな構造の箸もつまみやすくするための滑り止め加工や、机の上などで転がりにくい四角形状など、細かなこだわりが詰まっていました。

見た目や収納性だけでなく、利用者目線をしっかり考えたデザインなんですね。

Image: nest on

カラーはブラック、ホワイト、レッド、ピンクの4色展開でそれぞれ印象は異なりますが、高級感や清潔感、楽しそうな雰囲気など表情があるのがいいですね。

セット購入やプレゼントして家族や友達と揃えてみるのもいいかもですよ!

匂いがつきにくく衛生的な組み立て式カトラリーセット「S+Cutlery」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中でした。

執筆時点では12%オフの4,664円(送料・税込価格)からオーダー可能でしたので、気になった方は下記リンクからチェックしてみてくださいね!

>>匂いがつきにくく衛生的!組み立て式カトラリー「S+Cutlery」

Source: machi-ya