Image: Apple

新作続々。

わずか2年で130以上の賞を獲得し、500以上の賞にノミネートされたApple TV +オリジナル作品。今回のイベントでは、人気シリーズの続編も含め多くの新作の公開日が発表されました。

「ザ・モーニングショー(シーズン2)」9月17日公開

Apple TV +のサービス開始と同時に公開された「ザ・モーニングショー」はオリジナル作品の中でも特に人気が高く、エミー賞も受賞するほど評価の高い作品として話題を集めました。

そのため、本作の続編を待ち望んでいた方も多かったのではないでしょうか?

「ファウンデーション」9月24日公開

もっとも権威あるSF賞とも言われる「ヒューゴ賞」を受賞したアイザック・アシモフによる小説シリーズが原作の作品。公開済みの「運命」、「遺産」、「未来」の3つの予告編から想像するに、相当スケールがデカい作品であることが分かります。

「THE PROBLEM WITH ジョン・スチュワート」10月14日公開

アメリカのコメディアン、ジョン・スチュアートが世界で起きている問題を、様々な人物を集めて、どう変えていくべきかを議論する作品。

「インベージョン」10月22日公開

地球に降り立ったエイリアンとの対峙を描く壮大なSF作品。それぞれ異なる場所で生きる登場人物たちに起こる出来事をリアルタイムに描く作品です。

「SWAGGER 」10月29日公開

アメリカ合衆国のプロ・バスケットボールプレイヤー、ケビン・デュラントの子供時代にインスパイアされた作品です。

「フィンチ」11月5日公開

廃墟した世界で暮らすロボット技術者のフィンチ(トム・ハンクス)が、自ら作ったロボットと愛犬と一緒に新しい住処を見つけるため、危険な旅へと足を踏み入れるSF作品。

「となりの精神科医」11月12日公開

ある患者とその精神科医に着目したノンフィクションベースの作品。「LEGO ムービー」のウィル・フェレル、「アントマン」のポール・ラッドによるW主演作です。